プライベートモードで閲覧中です。

sugar pot : 岩田隆信『医者が末期がん患者になってわかったこと』

ほろ苦い夢のかけらのおすそわけ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

trackback

岩田隆信『医者が末期がん患者になってわかったこと』

2005年05月15日(日) コメント:0 トラックバック:0

岩田隆信『医者が末期がん患者になってわかったこと~―ある脳外科医が脳腫瘍と闘った凄絶な日々 』

「処方する側は処方箋を書けば済むのだが・・・」で思い出した、以前読んだ本。



優秀な脳外科医が侵されてしまった病の名は、脳腫瘍。自分の画像を見て知る自らの予後。書き残すことが医者としての自分の最後の使命だとして遺した手記。
非常に理性的な筆致であるが、理性的なだけに生の声が伝わりにくい。診察や検査における患者の立場からの記述があるが、やはり医療現場に気を遣ったのかなと思わざるを得ない。しかし、医者が患者になってみての初めての記録として貴重。(他にあまり聞かないのはなぜだろう?医者が病気にかからないわけはないのだが。私が知らないだけなのか?ご存じの方がいらしたら教えていただきたい。)

#889
カテゴリ:003 小説・読み物・出版

trackback

<<岩田隆信『医者が末期がん患者になってわかったこと』 | my footprint ~私もFC2を「評価」してみた。 (BlogPet)>>

コメント(-0件)

コメントの投稿

トラックバック(-0件)

http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/tb.php/889-9536703c

Bookmarked

Blog Battler

ブログバトラー

Twitter

    フリーエリア

    上部の説明

    下部の説明

    Utilities

    Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。