プライベートモードで閲覧中です。

sugar pot : GINGER BEER

ほろ苦い夢のかけらのおすそわけ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

trackback

GINGER BEER

2009年04月13日(月) コメント:0 トラックバック:0

ジンジャエールと言えばWilkinsonが有名ですが、今日マーケットで見つけたのはFENTIMANSというイギリスのメーカーのGINGER BEER。ジンジャービア。

ジンジャービア#2ジンジャービア#1瓶や犬のロゴマークも趣があっていい感じでしょ?

「最良の原材料と英国で90年以上も前から守られてきたレシピが使われています。」
ということで、一本ゲットしてきました。

発酵生姜を使っている辺りが、ジンジャエールとは異なる飲料らしいです。輸入業者が貼付したステッカーにはこんな記述が。

原材料:砂糖、グルコースシロップ、発酵生姜根抽出液、炭酸、生姜、唐辛子、レモンオイル、クワガタ草、杜松、西洋ノコギリ草、酒石酸水素カリウム、クエン酸


西洋ノコギリ草はヤローってハーブなんだけど、クワガタ草って何だろうと調べてみました。そのものずばりはハーブ辞典にも見つからなかったんだけど、スピードウェルってクワガタソウ属のハーブがあったので、多分これを訳してそうなったんだと思う。

さて、飲んでみた感想。炭酸の入った薬用養命酒?
原材料からしてもハーブドリンクだから、同じようなものですね。

日本のお店で普通に買える清涼飲料のジンジャエールのようなものをイメージしてるとガツンとやられます。癖があります。生姜と唐辛子の辛さと砂糖・グルコースシロップの甘さが相まって、好き嫌いがありそうですが、私は気に入りました。

モスコミュールはウォッカにジンジャエール+ライムジュースを加えてステアしたカクテルと思っていたんですが、元々はこのジンジャービアを使うんだそうです。日本ではジンジャービアが手に入りにくかったため、ジンジャエールを代用に使ったのが普及したそう。アルコールは殆どダメな私ですが、カクテルの中ではモスコミュールが一番好き。今度作ってみようかなー。



#809
カテゴリ:015 グルメ!?
タグ[ ソフトドリンク ]

trackback

<<テスト | とめはねっ>>

コメント(-0件)

コメントの投稿

トラックバック(-0件)

http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/tb.php/809-75ab40e1

Bookmarked

Blog Battler

ブログバトラー

Twitter

    フリーエリア

    上部の説明

    下部の説明

    Utilities

    Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。