プライベートモードで閲覧中です。

sugar pot : モノやサービスを作って売るということ

ほろ苦い夢のかけらのおすそわけ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

trackback

モノやサービスを作って売るということ

2007年11月03日(土) コメント:2 トラックバック:0

産經新聞:あれってオリビアじゃないの!? そっくりさんの歌声、テレビCM席巻(2007.11.3 18:52)

日本のテレビCMに欧米のヒット曲を使う例は珍しくないが最近、高額な楽曲の使用料などを節約するため、そっくりさんに歌わせる例が増えている。もともとは、権利所有者がテレビCMでの楽曲使用を認めないため、困り果てた制作側が編み出した苦肉の策


昨日のヤフーニュース。開いた口が塞がりませんでした。CM制作者って、「作り手」の側じゃないの?クライアントも、モノやサービスを作って売る側じゃないの?ソフトバンク、サントリー、日産自動車、森永製菓といった大手企業が、大手広告代理店の言うまま、「そんなもの」を採用するなんて。

「そんなもの」が採用される理由の第一:オリジナルの使用料などが高額であること。だから、「まがいもの」でいいなんて、自社ブランドを推進してモノやサービスを売ろうとしている企業が、それでは筋が通らないのでは?

「オリジナルの凄さがあってのそっくりさん。制作側に悪意はないし、オリジナルに敬意を払っている。CMのおかげでオリジナルのCDが急に売れたとの話も聞きますよ」(関根代表)。


どこが「敬意」なのかが、まったく分かりません。「模倣」はオリジナルを貶めているとは発想しないのですね。しかも、

「楽曲などの権利を持つオリビアらがCMでの使用を拒否した」(業界筋)ため、この楽曲にこだわった制作側が編み出した苦肉の策らしい。歌っている当人がCMに登場するわけではないから声が似ていても“問題”にはならないというわけだ。


というような「解釈」を平気で口にできるとは。「モノを作る」こだわり、はないのでしょうか。

私は、高度な文化的行為であるパロディや、素人がプロの素晴らしい演奏に憧れてコピーすることを否定するものではありません。また、プロが自分の解釈で他人の曲をカバーして、素晴らしい「オリジナル」を作り上げることはステキなことだと思います。

でも、かりにもプロを名乗る人たちが、猿真似とも呼べるまったくのコピペ(本物の偽装)で おまんま食おうとするのは卑しい行為でしかない、と思うのです。そして、それを採用して、あたかもオリジナルであるかのごとく流してCMを作成、放送することも。
(※「物真似番組」はいいのです、あれは「物真似であること」を前面に出し、そのトレースぶりに感心したり、崩しぶりを笑ったりするものだから。)

Saftbankやsantory、月産自動車、森長製菓といった会社が、まったく同じ品質に見えるようなモノを世に出して、それを多くのユーザが「こっちのほうが安いし」「オリジナルじゃないけど、あんまり変わらないから別にいい」と買い始めたら、彼ら(CM制作会社、広告代理店、クライアントである企業)はどう言うのでしょうか。その後に及んでもまだ、「それらのおかげでオリジナルが売れる」と口にするのでしょうか。

※食品業界などは、結構こうしたコピー商品を見かけるので、それも承知の上、というところもあるでしょうが、それでもやっぱり「オリジナルブランド」の誇りがあるでしょう。その誇りを、別のところでも発揮してほしいものですが……。
#788
カテゴリ:010 ニュース・社会

trackback

<<ヒロイン占い、ですって。 | Frou Frou:Details>>

コメント(-2件)

dame3212:おじゃまします( ̄ω ̄)つ

○○さん風の歌い方というのは著作権では違法ではありませんし、著作権者がCM使用(公衆送信権など)を許諾したならば、使用許可をしない歌手を代えればいいわけですが、オリジナルと勘違いすることを暗に計算しているというところが、ある意味モラル的に反則ですね。「そんなこと計算してませんよお、似てますかあ?」なんてオトボケで終りそうです。
昔、都与太自動車がMR2というスポーツカーのCMで、亡きジャニスジョプリンの「サマータイム」を森進一に歌わせたことがあります。往年のジャニスを彷彿、というより演歌の森が歌いこなしているのを聴いてちょっと感動しました。できればこんな風に個性を生かしたトレースをして欲しいものです。
おじゃましました。

  • 2007年11月15日(木)01:12:18
  • URL
  • 編集
sugar:個性を活かしたトレース

dame3212さん、はじめまして。

そうですね、誰にも文句を言わせない、そのひと自身の「オリジナル」の表現を、もっと大事にしてほしい、少なくともモノやサービスを作って売る側には、と思います。

森進一の「サマータイム」は、歌手と楽曲の取り合わせの意外さと、その印象すら打ち消してしまうほどの歌いっぷりが素晴らしかったですよね。
「使わせてもらえない」のなら、別の曲を選べばいいんです。まして、「こっちのほうが安いから」なんて理由でマガイモノをつかうのは、それに関わったすべての業者の姿勢を疑ってしまいます。ハイ。

  • 2007年11月15日(木)06:34:40
  • URL
  • 編集
コメントの投稿

トラックバック(-0件)

http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/tb.php/788-460a6186

Bookmarked

Blog Battler

ブログバトラー

Twitter

    フリーエリア

    上部の説明

    下部の説明

    Utilities

    Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。