プライベートモードで閲覧中です。

sugar pot : バーチャルはリアルに従属するもの?

ほろ苦い夢のかけらのおすそわけ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

trackback

バーチャルはリアルに従属するもの?

2007年07月22日(日) コメント:0 トラックバック:0

ここまで書いて、小倉さんのブログに新しく投稿された記事を読みました。

la_causette:初心者にこそ実名でブログを開設することをお勧めする。

小倉さんはもとめているものが、違うのでしょう。現状認識も、もとめているものも異なると、なかなかとっかかりを見つけることは難しいです。「初心者にこそ」って、極論すれば、オオカミの群れの中にわざわざ羊を放つようなものに私は感じるのですが。ある程度ウェブについて知って、実名で発言することのメリット・デメリットすべて納得づくで開設するならまだしも、「匿名」の魔力に魅入られていない=何も知らないという理由で「お勧め」するのは、あまりに乱暴というか。CONCORDEさんがこんな風に問いかけているにもかかわらず。

小倉さんが哀れに思うのは、救いたいのは、
ブログ(という仕組み)ですか?
"まともな神経の持ち主"ですか?

後者であると思ったからこそ、「たたかうだけが方法ですか」と問いかけたのですが。(CONCORDE:救いたいのは人か?ブログか?

もうひとつ、やはり違和感を覚えるのは、「実名」にたいする手放しとでも言える肯定です。私はこれに引っかかります。

せっかく貴重な時間を使って才能を生かしてエントリーを公表したのであれば、そのことによる社会的評価の向上や人脈の豊饒化等の現実社会でのメリットを享受してもらいたいからです。ブログを開設する以上、質の高いものを目指して欲しいです。(la_causette:初心者にこそ実名でブログを開設することをお勧めする。

揚げ足取りめいてしまいますが、貴重な時間や才能は、社会的評価のためだけにつかわれなくてはならないのでしょうか、人脈の豊穣は実名でなくては成されないものなのでしょうか、質の高いものは実名でしか目指せないのでしょうか。何だかすべて否定されてしまって、寂しいです。

一昨日書いたことの繰り返しになりますが、「ウェブにおけるバーチャルな社会」を、従来の社会と同一にしなくてはならない理由がよく分かりません。なぜ「ウェブでない社会」のプロフィールを背負うことを強いられなくてはならないか。「ウェブ社会」において、「ウェブではない社会」のバックボーンだけが信用できるのでしょうか?所詮、バーチャルはリアルに従属するものなのでしょうか?

私は「ネット」にかかわるようになった当初、現実社会のバックボーンに何らかかわりなく、ひとつの話題に対等に言葉を交わすことの自由さに甘美な夢を見ました。そして、今もその夢を見続けています。この夢を見続けるには、現実はあまりに惨たらし過ぎるというわけでしょうか。

#762
カテゴリ:101 インターネット(www)

trackback

<<トレースして処罰するだけしか方策はないの? | ひとは失敗することのほうが多いもんだ>>

コメント(-0件)

コメントの投稿

トラックバック(-0件)

http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/tb.php/762-95b8aa5e

Bookmarked

Blog Battler

ブログバトラー

Twitter

    フリーエリア

    上部の説明

    下部の説明

    Utilities

    Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。