プライベートモードで閲覧中です。

sugar pot : 匿名・実名・顕名中間まとめ

ほろ苦い夢のかけらのおすそわけ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

trackback

匿名・実名・顕名中間まとめ

2007年07月22日(日) コメント:0 トラックバック:0

混乱してしまったので、まとめ。既にあちこちで書かれていることとからめて。

Publishするということ

ウェブ上で発言する上では、反論や批判、時には誤解、さらにはコメントが来ないなど、自分が必ずしも「快」とは思えない反応があることを覚悟する必要がある。

これには実名も顕名も匿名も関係ない。問題は当事者の内なるもの。「自分に賛同してもらえないことにたいしてどう感じるか」であるから。

これらは迷惑行為ではない。まずこれを確認。これらは防ぎようがないし、防ぐべきものでもない。仮にコメント欄を閉じても、たとえばはてブでコメントされたり、相手のブログで言及されたりする。耐性が必要となる。

対迷惑行為対策としての実名システム

あきらかにいわれのない誹謗中傷や荒らしは、迷惑行為である。

モラル無視の確信犯の場合、その一部は、匿名であることを禁じられれば、抑止されるかもしれない。これは、たしかに、ある。が、確信犯の中には、実名でも平気という場合もあるし、当事者が自分の行為をモラルに反するものと考えていない場合には、有効ではない。

むしろ、匿名(この場合顕名を含む)というプロテクターを着けられない分、悪意のある迷惑行為者につけねらわれ、ウェブ社会以外のところでも被害に遭う可能性をつくってしまう。

実名のみというシステムが、迷惑行為の完全な抑止力とならず、一方で新たな迷惑行為を招く可能性があるとすれば、それは肯定されるべきではない。

過去から未来に連なる発言の数々をバックボーンとするための顕名は、ある程度有効である。ただし、「なりすまし」の可能性もあるので、更に有効にするためには、「共通ID」などのシステムの導入が必要。

ひとによって判別が異なるコメント

と、ここでふと立ち止まってしまう。「ウェブとはこんなものだ」と考えるひとばかりではないということ。ウェブのつかいかたもさまざま。反論や批判といったネガティブコメントも「迷惑」と考えるひとたちも存在する。原則的には、「それは違うよ」と言いたいが、あらゆるネガティブコメントを排して楽しくやりとりをしているひとたち、議論をする気のないひとたちに、そういうやり方は誤っています、というものでもない。彼らが彼らの土俵の中に立つ限り、それは責められるものではない。

ただ、ウェブに限らず「人の口に戸は立てられない」。自分の管理する領域でのネガティブコメントは削除というかたちで排除できるが、前述したように、SBMや他人の領域のものは排除できない。これはウェブの仕組み上、防ぎようのないこと。そして、 社会生活を営む以上、上手にやりくりしていく、いわゆる処世術は身につける必要がある。自分に向けられた「悪意」を、真っ向から受け止めない「スルー」という方法は有効なそのひとつ。何も特別なことではない。

スルーということ

ネガティブコメントに有効な「スルー」は、迷惑行為についても有効である。それは積極的な行為である。

#760
カテゴリ:101 インターネット(www)

trackback

<<ちょっと寄り道 | トレースして処罰するだけしか方策はないの?>>

コメント(-0件)

コメントの投稿

トラックバック(-0件)

http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/tb.php/760-b3b4f334

Bookmarked

Blog Battler

ブログバトラー

Twitter

    フリーエリア

    上部の説明

    下部の説明

    Utilities

    Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。