プライベートモードで閲覧中です。

sugar pot : 匿名を選んでチキンと呼ばれることもあっていい

ほろ苦い夢のかけらのおすそわけ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

trackback

匿名を選んでチキンと呼ばれることもあっていい

2007年07月20日(金) コメント:2 トラックバック:0

前項より続く匿名・実名・顕名の件です。

たしかに個人を特定できない場合、その言動に無責任さが生じやすく、暴走しやすい傾向にあると言えます。でも、逆は真なりではない。前の記事で言いたかったのはここです。

「ウェブにおけるバーチャルな社会」を、従来の社会と同一にしなくてはならない理由はよく分かりません。なぜ「ウェブでない社会」のプロフィールを背負うことを強いられなくてはならないか。それが「無責任さが生じやすく暴走しやすい傾向にある」ためというのなら、随分貧しい理由付けです。

「無責任さが生じやすく暴走しやすい傾向」は、「逃げも隠れもできない」状況でしか軽減できないのでしょうか?また、「ウェブ社会」において、「ウェブではない社会」のバックボーンだけが信用できるのでしょうか?私たちがかかわってきた「ウェブ社会」は、そんなものだったのでしょうか。

個人の特定は、今のように、問題があったときにプロバイダに登録してある個人情報で担保され、完全に匿名であることは難しいということの周知を徹底し、必要な部分でのみ、共通IDなどのシステムが利用される、というくらいが「適度」と考えます。

ここまでは復習。


緩やかでいいじゃない

もうひとつ申し上げたいのは、実名以外で個人を特定できる手段として有効とされる共通IDのことです。誰もが一律で利用しなければならない方向には行って欲しくないと考えます。ウェブにかかわるスタンスには多様性があって良い、いえ、あるべきです。

共通IDを有効と考えるひとはそれを採用すれば良いし、依然として「匿名」でいようという場合は、利用しなくていい。前述の「最低限の担保」を前提として、個人により、あるいは状況により、さまざまなスタンスが取れることを私は重要視します(したがって不特定多数がアクセス可能な共有PCからのアクセスについては、この担保と同等とみなされる程度の制限が必要と考えます)。

カナかな団首領の自転車置き場:匿名と実名、チキンの度合いめもで語られているような、「匿名でしかものを言えない者はチキン度が高い」「実名での発言をする者はチキン度が低い」という属性は通用するでしょう、いえ、放っておいてもひとはそう感じます(コメント欄にウケてしまいました)。

けれど、「無責任さが生じやすく暴走しやすい傾向」があるからといって、一律にすべての実名ないし顕名でない者の発言が無責任であるとみなし、発言の内容への是非を匿名か否かのみに委ねられることがあったとしたら、それは非常に残念なことです。「匿名の発言はまったく信頼がおけない」「実名・顕名の発言は信頼に値する」とするのは「チキン(臆病さ)の度合い」と発言内容の信頼性の混同です。

「ウェブでない社会」−−私たちが物理的に身体を置くこの社会−−においても、何かにかかわるとき、ひとは常に自らの身分を明らかにしているわけではありません。0か1かで顕かすぎるほどあきらかなこの「ウェブ社会」で、あきらかにすることしか認められないとしたら、随分窮屈な世界だと感じます。

時には顕名でもなく匿名で、チキンとみなされてもいい、というひとも居るでしょう。それをノイズとみなし、相手にしないひとが居てもいい。私は、「あんた誰よ?誰か分かるようにしてよー」とは思いますが、思いつつも、その存在は認め、発言には耳を傾けたいと思います(耳を傾けるに値しないと判断できた場合はその後スルーすることは言うまでもありません)。だから、「共通IDでないと発言できないシステム」が敷衍したら、それは不自由だなと感じます。

言わずもがな、のことを書いたような気はしますが、明らかに迷惑行為を行なう臆病で卑怯な輩への対処については、次項に譲りたいと思います。

#758
カテゴリ:101 インターネット(www)

trackback

<<実名と匿名のはざまで | ちょっと寄り道>>

コメント(-2件)

sugar:OpenID

FC2ブログはOpenIDの導入を検討しているらしいです。
http://ekken.blog1.fc2.com/blog-entry-620.html#comment3182

  • 2007年07月21日(土)15:33:18
  • URL
  • 編集
sugar:Bookmark.

インタビュー:OpenID提唱者に聞く、OpenIDの今後
@IT「OpenIDはメアド同様に複数使い分けてもいい」、OpenID提唱者
http://www.atmarkit.co.jp/news/200707/19/openid.html

  • 2007年07月22日(日)05:57:09
  • URL
  • 編集
コメントの投稿

トラックバック(-0件)

http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/tb.php/758-feddb58f

Bookmarked

Blog Battler

ブログバトラー

Twitter

    フリーエリア

    上部の説明

    下部の説明

    Utilities

    Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。