プライベートモードで閲覧中です。

sugar pot : 実名と匿名のはざまで

ほろ苦い夢のかけらのおすそわけ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

trackback

実名と匿名のはざまで

2007年07月19日(木) コメント:3 トラックバック:0

漫画雑誌の枠外にある「○○先生に手紙を出そう!」は、出版社宛ですが、古い時代には、○○先生の現住所が載っていたこともある、ということを知って驚いたことがあります。漫画だけでなく、古い書籍の奥付には、著者の現住所を見ることもあります。

現住所を雑誌に掲載して、たとえ熱心な読者が尋ねてきたとしても、それで身の危険があったり日常生活に支障が生じるようなことは、思想家や政治的な発言をする著作家は別として、あったとしてもごくごくまれなことだったのでしょう。むしろ、熱心な読者が差し入れをしてくれたり、見所のある創作家志望の青年が原稿を持ち込んで弟子入りを願ったり、というような、作家としては嬉しい部分もあったと想像します。

でも、今、誌面で作家の住所を目にすることはありません。現住所を載せるとたちまち「迷惑なファン」が大勢やってくるのかもしれません。いえ、昔だって、「迷惑なファン」は存在したろうと思います。前述の「熱心な読者」だって、「迷惑なファン」と言えなくもないです。でも、それでも、「昔は良かった」そう言いたい部分があります。なぜか。「節度」というものが存在しただろうからです。今はその言葉を聞くことも珍しいくらいになってしまいました。

私は、ウェブでものを書いて公開(Publish)するということは、場合によっては、職業的な物書きが書物を出版するくらいのと同等の覚悟が要ると思ってきました。多くのひとの目に触れれば、賛同を得られることもあれば、批判されることもある。誤解を受けることだって考えられます。いわれのない非難もないとは言えない。それらを承知で実名で発言することを私は貶めることはありません。私だけでなく、「実名言論をネットからパージ」(la_causette:「出る杭を打つ」日本の悪弊をネットに持ち込みたくはない)なんて、そんな風潮はどこにもないと思います。でも、一方で、実名でないからと言って、すべて否定されるのは何だかおかしい気がするのです。

ペンネーム、って、いけないの?素朴な疑問です。ウェブが網羅されるよりもずっとずっと以前から、ものを書くひとの中には筆名(ペンネーム)をつかうひとたちが存在します。プロフィールで実名を明かすひとも居れば、そうでないひとも居ます。そういう「実名でない」ひとたちの著作で素晴らしいものはいくらでも挙げられるでしょう。

ウェブにかかわるスタンスは、一律でなくていいはずです。名前だって、実名であっても匿名であっても、顕名(今回初めてこの言葉を知りました)であっても、いい。問題にされるべきは、「何を語っているか」であって、語っている人の名前が実か虚かはその次ではないでしょうか。

良い内容の記事は、良い。悪い内容の記事は、悪い。もちろん、記事単位で見ることのできない部分も存在することは分かります。でもそれは、記事の積み重ねであり、誰だか特定できる=顕名であり、というところで現されるのではないですか。

ウェブ上での度を超した嫌がらせがどのようなものであるか、私はまだ認識が甘いかもしれませんが、実名同士のガチンコ勝負であっても、嫌がらせは生じるし、匿名同士でも温かな交流、実のある議論は可能だと思います。憎むべきは、「匿名であること」ではなく、「節度を持たない輩」であり、もとめられるものは「節度を持たない輩」への白い目と、顕名で発言するひとをそのひとであると特定できるシステムではないかと考えます。

当時の少女漫画誌を手元で確認されたかたから、「少女漫画家はその限りではない。」というコメントをいただきました。

#757
カテゴリ:101 インターネット(www)

trackback

<<半熟ショコラ&チーズ 魅惑の食感 | 匿名を選んでチキンと呼ばれることもあっていい>>

コメント(-3件)

Z:re:節度を持たない輩

 ここしばらく拝読していたekkenさん(http://ekken.blog1.fc2.com/)の連載エントリとも通じる話ですね。私はekkenさんの記事とsugarさんの記事にはかなり共通項があると思って、もっともな部分が多い(CONCORDEさん(http://concorde.air-nifty.com/first/)の記事にもうなずけるものが多い)と感じています。ただ、いっぽうでNさんやKさんのような例(特定の人物による粘着嫌がらせ行為)も見ていることもあって、共通IDなどのような技術的解決策(以前も紹介したised(http://www.glocom.jp/ised/)でも議論されましたね)を具現化する時期ではないのかとも思っています。

#このテンプレートはコメント欄の広さ(cols="35" rows="8")がちょっと狭すぎる感じがします・・・(^^;

  • 2007年07月19日(木)22:03:37
  • URL
  • 編集
名無しさん:ちょっと話はそれますが

>漫画雑誌の枠外にある「○○先生に手紙を出そう!」は、出版社宛ですが、古い時代には、○○先生の現住所が載っていたこともある

これは少年誌だけだったんじゃないかなー。
1970年代後半の週刊少年マガジンなんかは住所載ってますが、同時代の少女漫画誌見ると編集部あてになってます。

うら若い女性作家が多かったからかもしれません。
ネットでも、年頃の女性や子供が住所も年齢も実名も明かして書き込んでたら、危険が増すと思うんですがねえ。

  • 2007年07月19日(木)23:49:28
  • URL
  • 編集
Z:早速ありがとうございます

 修正していただいたようで、ありがとうございました。
(名鏡さんのところで知ったのですが、新システムのβテスト用WebLOGを開設されていたのですね。そちらでお忙しかったことも知りませんでした(^^;。)

  • 2007年07月21日(土)10:55:50
  • URL
  • 編集
コメントの投稿

トラックバック(-0件)

http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/tb.php/757-7471a23b

Bookmarked

Blog Battler

ブログバトラー

Twitter

    フリーエリア

    上部の説明

    下部の説明

    Utilities

    Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。