プライベートモードで閲覧中です。

sugar pot : とめはねっ!~「永」って書いてみようか

ほろ苦い夢のかけらのおすそわけ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

trackback

とめはねっ!~「永」って書いてみようか

2007年05月29日(火) コメント:3 トラックバック:0

墨のにおいが、時折好きだなぁと感じることがあります。紙の上に、たっぷりと墨汁をふくませた筆をぽんと置いて、ぐっ、すーっ、さっ。黒と白の芸術。かっこいいなぁーと思うのです。

私は字が下手なほうではありません。むしろ、上手いね、と言われるのですが(よく言うよ)、それは「硬筆」に限ったことです。こと「筆」の世界となると、もう、からっきし駄目。だからよけいに、「書」などと言われると、憧れてしまうのかもしれません。

今日書店でふと見かけて、ふらっと買ってしまったのが、『とめはねっ! 』。私立鈴里(すずり=硯)高校の書道部が舞台です。娯楽漫画ですから、もちろん、いわゆる学園ものなのですが、あつかっている素材が素材だけに、程よく蘊蓄(うんちく)も混じっていて、それがまた私のような「よく知らないけど書道ってかっこいいと思っている」層にはウケると思われます(そんな層が厚いとは思えませんが……)。


何となく読んでいると字が上手になったような気になります。明日、筆を持ったらすごーく上手く書けるんじゃないだろうか、などと錯覚しています。んなわけない。

とめはねっ! 1 (1) とめはねっ! 1 (1)
河合 克敏 (2007/05/02)
小学館
この商品の詳細を見る
#738
カテゴリ:003 小説・読み物・出版
タグ[ 漫画 書道 ]

trackback

<<待望のスクリーンショットサービス登場 | 新管理画面のベータテスターに応募しました>>

コメント(-3件)

cyaimi:タイトル見たときに

「とめさん」の話しかと思いました。

聞いて聞いて!
とめはね、「永」って言う字がちゃんと書けるの!
「氷」と間違えないでちゃんと書けるの!

んなわけない。

  • 2007年05月30日(水)22:03:07
  • URL
  • 編集
とめ:いやーん、

そんな話じゃないわよっ。

「永」って一字には、書の技法の6つが含まれてるって、奥のふかーい話なのよっ。

  • 2007年05月30日(水)23:18:06
  • URL
  • 編集
-:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2007年05月30日(水)23:31:10
コメントの投稿

トラックバック(-0件)

http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/tb.php/738-7e9045d5

Bookmarked

Blog Battler

ブログバトラー

Twitter

    フリーエリア

    上部の説明

    下部の説明

    Utilities

    Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。