プライベートモードで閲覧中です。

sugar pot : 音楽番組と日本語

ほろ苦い夢のかけらのおすそわけ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

trackback

音楽番組と日本語

2007年04月04日(水) コメント:2 トラックバック:0

引き続きOTTAVAの話題。

20年くらい前からFMラジオもそうだけど、日本語のうるさいナレーションが入らないのはよしとしても、ジングル的に差し込まれる英語は、なに?「全世界に向けてる」から?それとも、「物真似?」「雰囲気重視?」

こういう「英語だったら雰囲気を壊さないだろう」という感じの番組作りは、薄っぺらな感じがします。日本の放送局なら、日本語で、うつくしいナレーションが入れる気概がほしい。でも、私もそれがどういうものであるか、イメージできません。FENを聴いて大きくなった身には、むしろ身近に感じたり(古くて申し訳ない)。まして、「ユーザーのニーズ」もあるとしたら、こういうかたちになってしまうのもやむを得ないのか。

糸居五郎のDJ。城達也のナレーション、皆川達夫の解説。日本のラジオを聴かなくなって久しかったのだけれど、この番組に合う日本語のナレーションはないものかな。

#719
カテゴリ:006 演劇・パフォーマンス

trackback

<<日本初のコンテンポラリー・クラシック・ステーション OTTAVA | こんなの>>

コメント(-2件)

麻生/阿檀:>城達也のナレーション

『ジェットストリーム』ですよね^^懐かしい……。

  • 2007年04月06日(金)19:13:06
  • URL
  • 編集
sugar:ジェットストリームジェットストリージェットストリージェットストリー…

あら、麻生さん、城達也に反応してこられるとは(^^
Mr.Lonelyはオリジナルと、この、ジェットストリームのが同じくらいに刷り込まれてます、私。

  • 2007年04月06日(金)19:20:05
  • URL
  • 編集
コメントの投稿

トラックバック(-0件)

http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/tb.php/719-46dd4583

Bookmarked

Blog Battler

ブログバトラー

Twitter

    フリーエリア

    上部の説明

    下部の説明

    Utilities

    Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。