プライベートモードで閲覧中です。

sugar pot : 老いを受け入れること~認知症の介護

ほろ苦い夢のかけらのおすそわけ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

trackback

老いを受け入れること~認知症の介護

2005年05月10日(火) コメント:2 トラックバック:0

『暗川』というブログに目が留まった。
石は黙っている
雨にも風にも
びくともしない
己が心も
斯くありたい
味わいのある書が貼られている。lumokurago(容子)さんのお父さまの書だそうである。そのお父さまの認知症とその介護について書いておられる。

祖父のことを思い出した。

数年前、父・祖父と相次いでなくした。父は闘病生活が長く、祖父はやはり少し認知症であったので、家族はかなりの負担を強いられていた。私は遠く離れて住んでいたため、上京時の父の治療に付き添い、後は時折帰省して付き添うくらいだった。普段は病身の母と祖母とで看ており、大変な負担だったと思う。

老いて自らの足元もおぼつかず、物忘れもひどくなった祖父は、不安が強くなり、年中祖母が傍についていなければいけない状態になっていた。夜トイレに行くときも、その度に隣で寝ている祖母を起こすため、祖母は睡眠が足りなくなった。それは昼夜関係なく、眠くて祖父がトイレから戻ってくるまでに寝てしまうと、「儂のことはどうでも良くなったのか」と怒り出すので、祖母は眠い目をこすりながら起きていたようだ。ヘルパーさんが来てくれたりしていたのだが、基本的に祖父の世話は自分が、と思っている祖母には負担が大きく、体力を奪われていた。祖母の方が先に逝ってしまうのではと母やおばたちも心配していたくらいだった。

父とは、父が存命中のときはウマが合わず、あまりうまく行っていなかったのだが、やはり頼りにしていたのだろう、何かあるとすぐ「Tちゃん(父の名前)はどこに行ったんだ?Tちゃんを呼んでくれ」と言っていた。母が亡くなったことを告げると、その度に「そうか・・・」とがっくり肩を落とし、順番が違うと涙していた。
認知症のお年寄りの介護にかかる負担は並みではない。症状の軽い祖父の世話でも、家族は音を上げそうになった。まして徘徊や脱抑制(社会的に不適切な行動を取る)があると、家族が振り回されてしまうのは想像に難くない。

だからと言って、病院や施設では充分な介護を望めるかどうかは容子さんの記述にも詳しい。読んでいて辛くなった。自立を促し、ここの状況に応じた対応ができるか。食事ひとつとっても、そうである。母もそれを心配して、できるだけ家で、とかなり無理をしていた。病身の母と老いた祖母にできるぎりぎりのところまでーそれも祖父の認知症が軽かったからで、症状がひどければ、無理だっただろうー。

夜泊まりにきてくれるヘルパーさんをお願いして数日後、祖父は急変し病院へ運ばれ、息を引き取った。ある種の安堵感があったことは否めない。そして、今思えば、祖父自身も辛そうであった、祖父自身もそこから解放されたと言うのは不適切だろうか。今思えば、と書いた。当時もある程度は感じていたのだろうが、視点として、そこが欠けていた。老いていく自分の姿に、祖父は戸惑い、寂しく、辛かったのだ。
もっと祖父の心の側に立って接してあげられていればなぁと今になって思う。私を可愛がってくれた祖父の、元気なときの姿と老いてからの姿がスライドのように交互に浮かび、胸が痛くなる。
私は父が認知症になり、本人もまわりもつらい思いをしていた時、「早く死んで欲しい」と思っていた。認知症になる位なら死んだ方がましだと思っていた。でも、今はもう少し生きていてほしいと思える。認知症も人間の自然の姿なのだと思うようになった。確かにとてもつらいけれど、年をとるとはそういうことである。(『父の認知症と介護』)
厳しい介護の現場に居るからこその発言だろう。キレイごとでは済まされず、心身ともに疲れ、時間もお金もかかる。家族には家族の生活もある。生活を支えるために、介護の費用を捻出するために、働かなくてはならないというのもある。疎ましく思うのも無理はない。そんな凄まじい思いを経ながら、家族の老いを受け入れる、強い、しなやかで、優しいことば。

老いは誰にでも訪れる。私もこれから更に深く受け入れていかなければならないことだ。身内の老い、そして、自らの老い。

容子さんのお父さまとご家族に、良い時間が与えられますように。
#70
カテゴリ:016 日常の風景

trackback

<<気をつけろ! | 老いを受け入れること~認知症の介護>>

コメント(-2件)

sugar:

容子さんのブログは、sabalaさんのブログのコメントから手繰りました。ハイパーリンクの面白いところですね。
一日一日を大事に。ともすれば忘れがちなことですが、心しておきたいと私も思います。

  • 2005年05月10日(火)20:52:53
  • URL
sugar:

容子さんのコメントも、折角いただいたのに誤って消してしまいました。私ってばほんとうに粗忽者。ごめんなさい。
(上のは容子さんのコメントへのレスです。)

  • 2005年05月10日(火)20:58:59
  • URL
コメントの投稿

トラックバック(-0件)

http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/tb.php/70-b0f4869f

Bookmarked

Blog Battler

ブログバトラー

Twitter

    フリーエリア

    上部の説明

    下部の説明

    Utilities

    Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。