プライベートモードで閲覧中です。

sugar pot : 非公開コメントについてもう少し。

ほろ苦い夢のかけらのおすそわけ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

trackback

非公開コメントについてもう少し。

2007年01月07日(日) コメント:2 トラックバック:0

前項に引き続き、非公開コメントのお話。

僕としては、この記事に頂いているはてなブックマークノコメントで、lstyさんやsampaguitaさんがいっている事、 「「公開の場で内輪話をする感じ」が嫌い」 「目の前でひそひそ話をされてる感じ。機能はあっていいと思うけど、わざわざそれを他の人に見せなくても」 これが読み手に対して「配慮が足りない」と思わせる気がしますね。 これまでに頂いたコメントから、非公開コメントに対しブログ主が返事を書かなければそれほど不快感はないかな、という気がしてきましたので、今後テンプレを変えるときは特に削除することはないかもしれません。

ekken♂:秘密コメント機能は要らんよなぁ:コメント欄

コメントにしては長くなってしまうので、ここに書くことに。

非公開コメントにたいするブログ管理人の返答ですが、仮に私信とすると、連絡方法が記載されているはずであり、連絡方法の記載がない非公開コメントに返信を要求するほうが変です。が、非公開コメントにたいして、それとなくコメントする文化があるようです。

ユーザーフォーラムでは、初心者のかたが、「非公開コメントをいただいたのだけれど、どうやって返事をすれば分からない」という質問が定期的に出てきます。「コメントをどう扱って良いか分からない」「コメントをもらうと返事をしないと落ち着かない」というのがその背景にあると思われます。

一般的な回答として、「ブログ上で、差し支えのない範囲でコメントを」としていますが、これは少し考え直さないとなりません。

児島の仙人さんのおっしゃる「コメント者に配慮が足りない」という点も、上記のような文化では、非公開必ずしもすべてを隠したいというわけではないようで、閲覧者にある程度分かってしまうことを期待、あるいは頓着しない非公開コメントもあると思われるため、必ずしも「配慮が足りない」とは言えません。

「読み手」にたいする配慮という点でも、非公開コメントの存在を認め、そういう手段でブログ上でやりとりをすることもよし、とするひとたちも存在し、一概に配慮に欠けるとも言えません(そういう文化を理解できなければ、やはりあまり気分の良いものではありませんが)。

要は、非公開コメントは、ブログ上では「なかったこと」にするのが一番すっきるするものの、「なかったこと」にしたくないひとたちも存在し、出人さんのおっしゃる、他者ブログでのそういやりとりに生じる感情の解決にはなりません。一種のコミュニケーションであり、それを好むひとたちも居る、というしかないのではないでしょうか。

「感じること」の差異

「非公開コメント」に「公開」で返信する可能性があるかどうか、それにたいしてどういう感情を持つか、また、それを読むことにどういう感情を持つかは、したがって、個人差が大きいように思います。

ただ、少なくとも、一般的には「非公開コメント」で「連絡方法を記載せず」に送信したものは、「返信を要しない私信」と考えたほうが良さそうです。そのブログをしばらく見ていれば、管理人が非公開コメントをどう扱うかは分かってきますが、「公開でコメントする」場合は、その旨、どこかに記しておいたほうが、非公開コメントの投稿者にも親切に思いました。

私の知るあるブログでは、「非公開コメントであっても管理人の判断で、その内容を公開する場合もある」と記されています。非公開コメントに返信するならば、このくらい言っておいても構わないのではないでしょうか。

#664
カテゴリ:101 インターネット(www)

trackback

<<ブログのコメントについての個人的思い | テンプレート編集の際の力強い味方・その1~すこんぶ2>>

コメント(-2件)

yoshi:非公開コメントへの返信

こんな時間におはようございます←体内時計に異常が?と自分でも思います。

>連絡方法の記載がない非公開コメントに返信を要求するほうが変です。
と、私も思います・・・が!これが意外にテンプレートカスタマイズの質問って「非公開コメント」がとても多いと思います。

私のようにほとんど質問のないテンプレート制作者であってもカスタムQは非公開コメントと公開コメントを比べるとだいたい3(非公開):7(公開)の割合です。

しかも、「連絡方法を記載していない」こともあったりしたので、同じ状況で悩んでいる方にもわかるように経過を説明するために二度手間となり非公開コメントを禁止した時期もありました。(連絡方法が記載している場合は「見に来て!確認して!」ということだったのかも・・・と今になって気がついてみました。)

非公開コメント・・・奥が深いですね。相変わらず中身のないコメントしかできませんで失礼しました←なにを言いたいのかまとまらず・・・。

  • 2007年01月10日(水)04:31:52
  • URL
  • 編集
sugar:非公開コメントと共有テンプレートの作り手

yoshiさん、おはようございます。同じく体内時計のおかしなsugarです。

非公開コメントについて、次は「テンプレート作者のブログでの非公開コメント」について書こう、と思っていましたが、yoshiさんからコメントをいただいたので、まとめてみました。

http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/blog-entry-666.html

非公開コメントは受け付けない/受け付ける、というメニューがほしいなとますます思います。

  • 2007年01月10日(水)06:14:13
  • URL
  • 編集
コメントの投稿

トラックバック(-0件)

http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/tb.php/664-81c8ebc3

Bookmarked

Blog Battler

ブログバトラー

Twitter

    フリーエリア

    上部の説明

    下部の説明

    Utilities

    Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。