プライベートモードで閲覧中です。

sugar pot : 「転載」ブログのその前

ほろ苦い夢のかけらのおすそわけ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

trackback

「転載」ブログのその前

2006年11月29日(水) コメント:5 トラックバック:0

前項では「転載」ブログのその後について見てみました。では、その前についてはどうだったでしょうか。ここでは、一般的に、ヤフーの転載機能をつかって「転載」記事を作成する行動パターンについて考えてみます。

その前に、ヤフーの転載機能についておさらいをします。

  • 転載」はデフォルトでオンになっている。
  • 転載」であるので、一言一句の変更も注釈も入れることはできない。
  • 「転載」した記事を転載不可にすることはできない。これにより二次転載、三次転載が可能となる。
  • 「転載」をクリックすると、収納する書庫を選択する画面が現れ、選択するとそのまま転載されて記事が作成される。「転載しますか?」の最終確認はない。
  • 記事の最後尾に転載である旨と転載元へのリンクが表示されるが、そこに至るまではその記事がオリジナルであるか転載であるかは分からない。
  • 「転載」先で「傑作」ボタンが押されると、転載元に「傑作」ポイントが付加される。

転載」に至る行動パターン

転載される記事を見ると、コメント欄には「転載します」というのがたくさん並んでいます。ヤフーがデフォルトでオンにした機能が広く認知され利用されていることが分かります。

今回目にした悪質プログラムの流布の警告にしても※1にしても、コメント欄に「転載します」と書いたひとたちは「知りませんでした、恐ろしいですね。これは広めなくては」とこの「貴重で重要な」情報に飛びつき、「善意で」1クリックで「転載」ボタンを押し、新たにこれを周知する記事を作成しています。

※1特定の記事が誤っているとか悪意があるというものではありません。分かりやすい例として挙げました。

ここに、「この情報は果たして正しいのだろうか」と疑って調べてみる1アクションは見えにくいのです。ウェブに転がっている情報は正しいものもあれば誤っているものもあります。今目にしていることがらについて、キーワードで検索していくつか見てみれば、真偽の判断がある程度つくものもあります。それは「あれ?これって……ネタ?」「嘘なの?」だったり「実際に被害にあっていると書いてるひとがこんなに居る……やっぱり本当なのかな」だったりします(そこからさらにウェブ以外で調べる必要が出てくるものもあります)。

少し調べてみれば良いのですが、1クリックで転載ができるというあまりにお手軽簡単なシステムは、「ものの真偽を確かめる」という行為を呼びにくい仕組みであると言えます。

もちろん「引用」して「言及」する場合も、その1つの記事を信奉して書いてしまうおそれはありますが、少なくとも「転載」よりは「検証」の余地があります。「引用」は「肯定」も「否定」も「態度保留」もできますがまったく同じものを転記する機能である転載機能を「肯定」以外の手段につかうことは困難です。

自分の言葉で何かしら綴ろうとすれば、それなりに時間を設けて考えなければなりませんが、1クリックではその時間もない(「転載」を決める前に熟考し検証もしているかもしれないと考えにくいのは、熟考してなお他人の言葉のみで積極的にブログを埋めたいと考える・埋めなければならない理由が見当たらないからです)。

キャッチーなコピーがその記事についていたりするとなおさらです。「善意」「緊急」「危険」「最後のお願い」などのキーワードで読むひとの気を引き、「ああこれは大変だ」という心情をかきたてると、ひとはそれに疑問をはさみにくい。そこに「転載」ボタンが目の前にあり、そのひとが属する世界にとって「転載」が一般的であるならば、「転載」ボタンを押すのは簡単なことでしょう。ボタンを押す前にその記事を何度も読み、検索したり、熟考したりという行為は省かれやすい。そんな状態では、「もしその記事が誤っていたとしたら、それを転載した場合、どういう責任を負わねばならないか」といったことに考えは及ぶべくもありません。

勝負はボタンが押される前の数分~数秒だとしたら、センセーショナルな言葉や耳障りのよい言葉で飾れば、「よさげな内容の悪意のある記事」も、簡単に「転載」を誘導でき、多くのひとの目に触れさせることが可能ということです。

つまり、転載機能は、良さそうだと思ったらすぐに飛びつき、ひとにも安易に勧めるという行動パターンを定着、強化させるおそれのあるメニューなのです。

突き詰めれば余計なお節介なのだろうと思いますが、私は「老婆心ながら」言わないではいられないので、目の前の「転載」ボタンの前には小さな声であろうと、書きます。どうか、ヤフーブログのユーザの目にも触れますように。

#652
カテゴリ:101 インターネット(www)
タグ[ 善意 転載機能 転載 ]

trackback

<<「転載」ブログのその後 | 私のスクラップノート>>

コメント(-5件)

らぶ:no_title

転載機能とよく似たスクラップ機能を持つCURURU(旧NAVER)でも、Yahoo!ブログと同じように「善意」「緊急」「お願い」を呼びかけるスクラップ記事がありました。
どちらもコミュニケーション手段のひとつなんでしょうね。

現在CURURUではデフォルト不可になったようですが、それでも問題が多く撤廃の可能性も出てきているようです。
http://www.cururu.jp/noticeread.nhn?nboardseq=367

こちらのブログも参考になります。
コラムモドキ: [解説]スクラップ機能
http://pears.seesaa.net/article/10141950.html

あと、「転載」されると、転載元に「傑作」ポイントが付加されるのではなく、転載された記事に傑作ボタンが押された場合に元記事に反映されます。
すいません。わたしもおせっかいが好きなもので(笑)

  • 2006年11月29日(水)13:44:54
  • URL
  • 編集
sugar:らぶさん、

ありがとうございます。文中、修正しました。
この手のお節介(?)は大歓迎です。

  • 2006年11月29日(水)14:20:16
  • URL
  • 編集
sugar:訂正箇所

<del>で修正したものの、読みづらいので、修正部分だけにしました。

 (1)訂正前:>「転載」されると、転載元に「傑作」ポイントが付加される。

 (1)訂正後:>「転載」先で「傑作」ボタンが押されると、転載元に「傑作」ポイントが付加される。

 (2)訂正前:転載」は「肯定」の意味を持つようです(転載されると「傑作」ポイントが付加されることからもその位置づけは明らかです)。転載元の記事に付加される傑作ポイントが、「肯定されている」件数ですが、コメントやトラックバックでもない限り、否定や態度保留はその記事を見ただけでは分かりません。そして、時間と手間をかけて「自分の言葉で語る」コメントやトラックバックより、「転載」ボタンを押すだけで増える「傑作」ポイントのほうが多くなってしまうのは当然の結果でしょう。

 (2)訂正後:まったく同じものを転記する機能である転載機能を「肯定」以外の手段につかうことは困難です。

  • 2006年11月29日(水)14:32:38
  • URL
  • 編集
出人:CURURU

CURURUには、まだあったのか~その機能。
わたしはNAVERの転載機能とその無責任な放置ぶりに嫌気がさして、
NAVERブログからsnsCURURUに移行するときに、
そういう機能のついてない、それでいて自由度の高いFC2ブログを選んで移住してきました。

以後CURURUは知り合いの2~3名しか読みに行ってなかったので、どうなったかよく知らなかったんです。運営者の良識が判定できる貴重なサービスだと思います。

  • 2006年11月29日(水)23:31:02
  • URL
  • 編集
sugar:CURURUのことは

少し出人さんから伺ってましたが、今回まではあまり深く考えてなかった、というのが正直なところです。関係ない世界というか。ではなぜ今回こんな考察にいたったかというと、やっぱりあの文言が大きかった。「ほんの少しの善意」という。
ということは、私もまた、「善意」と「転載機能」を完全には切り離せてないのか……。実際、チェーンテキストにはもってこいの機能ですから、ある程度はしかたないこととは思いますが。
皆さんのおっしゃる効用についても考えてみたのですが、そこまで「何もできないひと」におもねて良いものか、というのがあるので、やはり同意しかねます。

では、どんなのがいいのか。そちらのほうに目を向けていきますね。

  • 2006年11月30日(木)13:19:05
  • URL
  • 編集
コメントの投稿

トラックバック(-0件)

http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/tb.php/652-8abec27d

Bookmarked

Blog Battler

ブログバトラー

Twitter

    フリーエリア

    上部の説明

    下部の説明

    Utilities

    Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。