プライベートモードで閲覧中です。

sugar pot : その1ピクセルがそんなに大事?

ほろ苦い夢のかけらのおすそわけ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

trackback

その1ピクセルがそんなに大事?

2006年02月21日(火) コメント:0 トラックバック:0

サポートフォーラム雑感(上)へ、耳呈さんがくださったコメント。記事を書こうよ

フォーラムの質問者のURIへいってみると、記事が1件もない、あるいは1件くらいしかないことがある。以前に較べ多くなった気がします。

とりあえず、10件くらいまでは頑張ってエントリしてみようよー。って思います。だってそこまで続かないで止めちゃうんならカスタマイズ等だっていらないんだし。


それにたいして、こんなコメントをした。

こだわりの衣服をまとってデビューしたい、という気持ちも分からないではないんですが、最初から完璧を目指そうとしないで、運営していきながら調(ととの)えていくのが、一番、そのブログに適したテンプレートになるんですよね。

ブログはナカミあってのもの。ナカミがテンプレートを決める部分も大きいと思っています。「記事を書こうよ」というこの言葉が、多くのひとに届くといいな。

それでなくても、FC2ブログというところ、とにかく膨大な数のテンプレートが提供されている。

合わせて1,000を超えた、くらいまでは記憶があるのだが、今はいったいどのくらいあることやら。ともかく、1,000個としてもひとつ3分眺めて、3,000分ー50時間かかる。

実際にひとつひとつ、丹念に見るひとはそう多くはないだろう。大体、ぱっと第一印象で決めることが多いのではないか。ビギナーさんは、とくにこの割合が多いと推察する。

そして、いざ自分のブログを構築していく段階になって、あれやこれや気になってくる。サイドバーを右から左に移動したい。もっと幅を縮めたい。あれやこれや……

が、ブログをある程度運営してきた今もつのは、「その1ピクセルがそんなに大事?」という感想である。

「ブログ始めました。」で、その後はどうなのよ?いや、まだそれはいい、タイトルヘッダの下がフッタという寂しいブログすらある。そして、そういうブログに限って、サイドバーにあれやこれや賑わしくバナーやリンクやブログパーツやアフィリエイトバナーが貼ってある。

面白がってやっている分にはまだ、いい。「ここ、どうなってるんだろう?調べてみよう。あ、なるほど、こういうことか。そっかぁ。よし、ひとつタグ覚えたぞ。」これはこれでブログのひとつの楽しみである。

が、目の前のhtmlファイルとcssファイルが意味のない文字列に見え、「何も分からない初心者です。誰か教えて(涙)」と他人に教えを乞うくらいなら、既存のテンプレートでとりあえず、記事を書き始めてみてはどうか。

ブログの中身ができてくるうちに、その1ピクセルは気にならなくなるかもしれない。その1ピクセルに意味があるように思えるかもしれない。ちがうテンプレートに変えたくなるかもしれない。あるいは、「何も分からない」状態から脱して、自力で何とかできるようになるかもしれない。

ブログは、簡単に始められるからいいんだよ。

FC2ブログは、こんなにいっぱいテンプレートがあるじゃないか。ここから、まずじっくり時間をかけて選んでみようよ。10くらいダウンロードして、着せ替えてみようよ。それで、いいかもしれない、って思ったら、とりあえずつかってみるさ。

ブログを読みに来るひとは、体裁だけを見に来るんじゃない、ナカミを見に来るってことを忘れないで。

テンプレート選びのお手伝いを、やっています。テンプレートはつかっている(みた)・試してみたひとに聞く、これは間違ってない。というわけで、⇒FC2ブログの歩き方へ、どうぞ。

関連リンク
■ [clip][web] さがしものはなんですかー
過去ログ
サポートフォーラム雑感
サポートフォーラム雑感(下)→有志もとむ
#537
カテゴリ:102 ブログ、といふもの

trackback

<<たまにはバトン | 新聞にこういうネタが載るとほっとするね。>>

コメント(-0件)

コメントの投稿

トラックバック(-0件)

http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/tb.php/537-4dd01c26

Bookmarked

Blog Battler

ブログバトラー

Twitter

    フリーエリア

    上部の説明

    下部の説明

    Utilities

    Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。