プライベートモードで閲覧中です。

sugar pot : たまには見方を変えてみよう

ほろ苦い夢のかけらのおすそわけ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

trackback

たまには見方を変えてみよう

2006年02月13日(月) コメント:0 トラックバック:0

文字サイズ固定、これはこれで
「文字を大きくして読みたい」ひとには
ホントは不具合です。
大きくしたい人って、どんな人?

そんな話題があったので、ここで改めてフォントサイズについて取り上げてみようと思う。既に多くのサイトで熟慮されているので、取り立てて珍しいことではない。おかげでリンク集のようになっているが、お赦し願いたい。

フォントサイズについて意識し始めたのは、とくにブログに顕著であるが、とても文字の小さなサイトが多いと感じるようになったためである。


私自身は矯正視力では0.7あるので、ウェブサイトを見る上で困ることはないが、それでもやはり、とても小さな文字よりはある程度の大きさの文字のほうが読みやすい。したがって、冒頭の質問には、「視覚に障碍(がい)があり、見ることに不自由しているかたのみならず、そのかたがたを含む、楽にウェブサイトを閲覧したい、と考えるひと」と回答する。

行間も、適度に空いたほうが読みやすい。背景色はできれば白やクリームなどの薄い色、文字色はそれとコントラストがしっかり取れているものが読みやすい。

視覚上のユーザビリティについて、突き詰めるところまで学習しているわけではないので、というより、あまり知識はないのであるが、それでも、感覚的に、

  • ある一定限度よりも小さな文字
  • コントラストの弱過ぎる・強過ぎる文字(色)
などは読みづらいであろうということは簡単に想像できる。

「豆文字にするサイトは、それで、自分のサイトにあったユーザ層を選んでいるのだ」という主張もあり(趣味のWebデザイン「備忘録:文字サイズ問題は閲覧者の意識革命が唯一の解決策・なぜ文字サイズを小さくするのか」より)、それはそれで良いと思う。ただ、「多くのひとに読んでもらいたい」「読むひとは選ばない」と考えているのなら、フォントサイズについても、読みやすさは考慮したほうが良い、いや、されるべきだと思う。

では、どうすれば良いか。

ユーザスタイルシートに対応させる

現在ここでつかっているcfdn_09や、私がよくベースにしているsampleという公式テンプレートの作者、cfdnさんのcssには必ず「!important」というものがある。これは「ユーザスタイルシートがあれば、それを優先させる」この部分に、ユーザスタイルシートで定義されている記述があれば、それを優先させるというものである。

ユーザスタイルシートについては、うまいなという表現があったので、それを拝借する。

ユーザスタイルシートとは。たとえるならば、メガネです。ウェブページを、見ている人が見やすいように自分で調整できる、そんな機能を提供してくれます。MacIE Tips : ユーザスタイルシート

ところがこのメガネ、困ったことに、メガネをかけるひとのことを考慮されていないウェブサイトでは、まったく役に立たない。 font-size:10px; などとあると、ユーザがブラウザの機能をつかって大きくしようとしても、ユーザ数の多いwinIEでは、どうにもこうにも10pxの大きさでしか表示できないのだそうだ。したがって、10pxより大きなサイズで見たいひとは困ってしまう。

そこに!importantがあれば、ユーザがメガネさえかけていれば、10pxではない、自分の好きな文字の大きさでそのページを読むことができる。

相対指定

また、フォントサイズをmedium、largeなどで指定する方法がある。mediumをデフォルトの値として、xx-large/x-large/large/medium/small/x-small/xx-smallという風に指定するやりかた。

が、これにも若干の問題点がある。hal*さんのおっしゃる、

本文がmediumに指定してあってもユーザーが“ちょうど良い文字の大きさ”を設定していなければ、当然“ちょうど良く”は表示されていない(文学者β「フォントサイズを取り戻せ!」

という点である。

webページは印刷物とは異なり、表示状態を決定するイニシアチブは本来閲覧者側にある(from DF「フォントサイズ指定の落とし穴」

「デザイン」という言葉に惑わされて、驕ってはならぬ。自分が思っているようには、ひとは見てくれてはいないのだ。そして、それが「Webデザイン」なのだと改めて思う。

かくいう私、中途半端にフォントサイズについて考慮し、かなり半端なテンプレートを過去つかってきたように思う(すみません)。先日、以前のテンプレートを大きなフォントサイズで表示して愕然とした。何でも相対で指定すれば良いというものではない。とそのとき悟った(具体的に書くのはあまりに恥ずかしいので勘弁してください)。

たまには見方を変えてみよう

そこで提案。百聞は一見にしかず。自分のサイトを、たとえば、裸眼視力が悪かったらラッキーとばかりに、実際にメガネを外して見てみよう。たまにはブラウザを変えてみよう。デフォルト表示の文字を大きくしたり小さくしたりしてみよう。 環境を変えることで、気付くことは、きっと沢山あるだろう。文字の「大きさ」だけでなく。

#522
カテゴリ:104 ブログ作成

trackback

<<cfdn_09 カスタマイズ日記#4 Style Keeper2を置く | cfdn_09 カスタマイズ日記#5 文字を大きくする>>

コメント(-0件)

コメントの投稿

トラックバック(-0件)

http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/tb.php/522-58890c0a

Bookmarked

Blog Battler

ブログバトラー

Twitter

    フリーエリア

    上部の説明

    下部の説明

    Utilities

    Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。