プライベートモードで閲覧中です。

sugar pot : 脳年齢はいくつ?

ほろ苦い夢のかけらのおすそわけ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

trackback

脳年齢はいくつ?

2005年12月29日(木) コメント:0 トラックバック:0

私はパズルやクイズが好きである。小学生の頃から親しんできた。だから最近の傾向は個人的にはとても嬉しい。沢山のクイズ番組があるし(似たようなものが多く少し食傷気味ではあるが)、この春には上のニュースで話題になっている東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 もっと脳を鍛える大人のDSトレーニングの前の「脳を鍛える大人のDSトレーニング」「やわらかあたま塾」で遊んでみたくてニンテンドーDSを買った。

ところで、私もそれなりの年齢になり、私の脳は衰えているのだろうか?ということも少なくない。先日も、コーヒーをいれようとして、サーバの上にカップを置き、こりゃまずいと、カップの中に直接紙フィルタを入れてしまうという過程を経て、ようやくカップの上にサーバを置き、その中にフィルタを入れて挽いた豆を入れるという「ぶらぼー」をやってしまった。その私の脳年齢であるが……「20歳」なのである。「やわらかあたま塾」では高得点を表すプラチナコインのオンパレードである。

日常生活で行う複雑な作業と、ゲーム機上での単純な作業とは訳が違うというわけか?……効果はともかく、テレビ番組も、ゲームも、本も、この脳トレーニング系が流行る事情には、機械化されて頭もからだも使わなくてすむようになった人間の焦りみたいなものが現れているのではないか。うがちすぎと言うなかれ。

本来機械に機能を補完させ、更に高次元の脳活動を担うのが人間と位置づけられていたはずなのだが、どうも「機械に飼いならされている」ような気がするのは、私だけではないように思う。それはともかく、私のこの「ぶらぼー」に効く薬があったら、誰か教えて!

#510
カテゴリ:016 日常の風景

trackback

<<RSSリーダが一歩リード?いえいえ味わいましょうCSSの醍醐味 | 1月のひとりごと>>

コメント(-0件)

コメントの投稿

トラックバック(-0件)

http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/tb.php/510-965d2660

Bookmarked

Blog Battler

ブログバトラー

Twitter

    フリーエリア

    上部の説明

    下部の説明

    Utilities

    Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。