プライベートモードで閲覧中です。

sugar pot : 運転免許ならぬネット免許?

ほろ苦い夢のかけらのおすそわけ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

trackback

運転免許ならぬネット免許?

2005年10月30日(日) コメント:10 トラックバック:0

数ヶ月前、子どもの写真を無自覚にネットに上げることの危険についていくつか文章を書いた。未だに閲覧されているようで、このことについて老婆心から敢えて発言したことは悪くなかったと思っている。

そのときのひとつに「格差を許さぬブログというものーーいきなり武道館ライブ」というタイトルの文章がある。

……そうした経験を通して、ネット社会で上手く経ち振る舞うためのノウハウを身につけていくことも許された。田舎のライヴハウスで下手っぴぃな歌を歌い続けているうちに、それなりの格好をつけられるようになるといったところか。

ところが、ブログというものは、上記の仕組みのおかげで、いきなり武道館ライブ(古い?今はどこなんだろうか)、全国、いや、ビートルズもびっくりの、全世界一斉生中継である。しかも、そこが武道館で、全世界中継が行われていることを、当人が気付いていないことすらある。

敷居が低いということは、メリットも多いが、ディメリットも多いのだ。

つい先日、「無断リンクお断り」を標榜していたひとつのブログが、はてなブックマークで「無断」リンクされ、「荒らし」に遭い、一時休止という格好になった。当該ブログにかんしてはもはや言及するつもりはないが、それにかんしての一連の記事から。

今回の当事者の方がおいくつなのかは知りませんけれども、うちの母親なんかは、あと数年で60に手が届こうという歳でブログやってます(現在放置中の模様)。もし誰かが何かの「間違い」についてうちの母親に指摘してくれるとしたら、もう少しお手柔らかに頼みますよ、と当方はいいたい。少なくともはてブで「晒す」ようなことはやめてほしい。(日々是自己主張「こんな『はてブ』は嫌だぁ」

日々是自己主張のAkkyさんは「晒す[1]前にきちんとした説明があったかどうか」を問題にしておられるが、それこそ、「見ず知らずの人間に指摘されて、当事者にその説明を聞き入れる準備(心構え)があったかどうか」を考えると、きちんとした説明をして受け入れていただくことは非常に難しい。実際、私、「子どもの写真やデータをブログに載せているひと」にそっと警告を発したことが何回かあったが(だってあまりに……だったから)、ひとの価値観に踏み込む、大変お節介でかなり勇気の要る行為であり、警告を受けた側からは「迷惑千万」「あんた何様?」「余計なお世話」と取られることが多かったと思う。それで記事にしたのだが、それすら相当な反発があった。

しかし、難しいと言っているだけでは芸がない。60人70人が一斉にタグやコメントつけて相手の誤りを指摘しながら、ただ一人の頑なな無知識者をも啓蒙できないというのは、なんとももったいない話ではありませんか。というAkkyさんの言葉は真摯に受け止めたい。[2]

一方、やはりどうしたって「いきなり武道館ライブ」は怖いのである。いや、「武道館ライブ」くらいなら良いが、あれこれ考えていて、場合によっては取り返しのつかない「いきなり高速道路無免許運転」じゃないか?と思うに至り。

しかしながら、ネットという年齢も性別もネットの経験も判断する事の出来ない状況において「誰にでも優しくする」事を「全てのネットユーザ」に求める事など到底不可能と言えるでしょう。

此処で申し上げたいのは「だから優しくしなくて良い」という事ではありません。優しく接してあげたいと思う人は優しく接してあげれば良いし、その事でネットに対する忌避感が低くなるならそれはそれでハッピーな事です。

しかしながら初心者に優しくない人を排除する事が困難な現状に於いて何処かで嫌な思いをしてしまう事は避ける事のできない現実です。

私は早い段階で多くの失敗から学ぶ事が大切だと考えます。(煩悩是道場「本当の優しさ」

何も知らない状態で飛び込み、見よう見真似で覚えていくのがネットだと思っていたが、ひょっとして「免許」、あるいは巷でよく見られる「常識テスト」くらいのものは制度化されるべきなんじゃないかと思い始めてきた。その「常識」を巡って、また喧々囂々(けんけんごうごう)ありそうだが。


勿論本気で思っているわけではなく、様々な価値観渦巻くのがネットだと思っているので、ひとつの価値観で判定されるテストなんて御免である。ただ、事実としての最低限の知識は必須だろうなと思う。「ネットで公開したものはどこまで広がるか分からない」「無断リンクはお願いに過ぎない」「時には誤って読まれることも少なくはない」など……。それらなしに漕ぎ出すにはあまりに怖い大海である。
ついでに申し上げると、私はその常識テスト、高得点を取る自信がない。まだまだ認識不足のことが多いとつくづく感じる今日この頃。

[1]たしかに当該ブックマークには疑問を呈したいコメントも多い。「記念ブクマ」というのはどういうことなんだろうか。
[2](コメントより追記)結局、「どう伝えればもっとも効果的か」という手法について、まだ確立されていないということなのだろう。私自身、上手な伝えかたというものを知らない。ビギナーさんが絶えず流入してくるネットの世界において、もっとも必要とされているもののひとつではないかと思われるのだが。

#474
カテゴリ:101 インターネット(www)

trackback

<<利用しているブログサービスと巡回するブログの関係 | 11月のひとりごと>>

コメント(-10件)

Akky:はじめまして。

TB頂戴しました。
初心者にもある程度「厳しく」あるのは良いと私も思うのです。教えてあげなければいつまでも分かりませんから。ただ、今回の一件は相手に対してかなり「むごかった」と思うのです。厳しいのとむごいのとは違います。適度な厳しさは相手の「理解」を生む可能性が少なからずありますが、むごさはただ相手の心を傷つけて終わってしまう場合が多いような気がするのです。
真摯なご意見ありがとうございました。

  • 2005年10月30日(日)08:19:42
  • URL
  • 編集
sugar:どう伝えるか

Akkyさん、
今回の件も、最初に指摘したことは善意からなのに、まとまって現象として大きな圧力になってしまった感は否めませんね。
結局、、「どう伝えればもっとも効果的か」という手法について、まだ確立されていないということなのでしょう。「真摯に受け止めたい」と書いたものの私自身、上手な伝えかたというものを知りません。ビギナーさんが絶えず流入してくるネットの世界において、もっとも必要とされているもののひとつではないかと思われるのですが。

  • 2005年10月30日(日)10:27:54
  • URL
  • 編集
ululun:トラックバック有り難うございます。

個人的には免許的なものは不要かなと考えております。
その代わり、何らかの啓蒙活動は必要だとは考えています。
自分の知り合いでも見た範囲でも良いので「伝えていくこと」が大切なんじゃないかなと思います。
以下のサイトが比較的わかりやすくネットマナーについて纏めているので
宜しければご参考までに。(大人用もあります)
http://www.iajapan.org/rule/rule4child/

  • 2005年10月30日(日)12:18:42
  • URL
  • 編集
sugar:もちろん

免許のようなものは要らないとは思いますが、ululunさんがご紹介してくださったようなサイトがまず目に入るような仕組みくらいは、www全体であったほうが良いのかなとすら思ってしまいます。
>自分の知り合いでも見た範囲でも良いので「伝えていくこと」が大切なんじゃないかなと思います。
見た範囲に「伝えること」が難しいというのが今回のケースに限らず多いのではないでしょうか。実際、「怖いひとたちに何だか押し掛けられてしまった」という印象しか残らないとしたら、善意が悪意として取られかねませんよね。今回のケースなども、くだんのブログを普段ご覧になっていたかたがたには、何が何だか理解しかねる、けれど、あまり良い印象ではないであろうことを考えると、啓蒙どころかむしろそういったことに背中を向かせてしまうことにすらなりかねないと思うと、上手に伝えることがどれだけ難しいかを思い知らされます。
だからと言って難しいとしているだけでは何も始まらないので、自分ができそうなところからお話を始めるのが良いですよね。コメントを書きながら思ったことがあります。このブログにちょこちょこと私なりに思っていることを書いていますが、ここを読んでくださるかたから「今まで気付いていなかったが改めたい」というメッセージをいただくことがあります。怖がられたり嫌われてしまうより、好意をもって接することができたほうが、話は早い、と、改めて今思います。

  • 2005年10月30日(日)15:16:38
  • URL
  • 編集
出人:無題

運転免許って立派に機能してるんだと思います。
それでも悲惨な死亡事故の記事が出てますよね。
怪我ですむばあいはその何倍も、違反はその何十倍、何百倍ありますね。おそらく。
免許証をとるのって、決して安くありませんよ。車も安くないし、人の命はもっと大切。
なのに、この現実です。
いいたいことは、いはんやネットではをや です。

  • 2005年11月01日(火)09:47:21
  • URL
  • 編集
sugar:況や(いはんや)

言うまでもなく自明の理を表すことば ということで、
……出人さん、ごめんなさい、もう少し噛み砕いていただけませんか?

  • 2005年11月01日(火)15:10:39
  • URL
  • 編集
出人:無題

いや、特にこれということはありませんよ。
クルマの運転って、免許証って苦労してとって、
しかも、自分や他人の財産や命がかかっているにも関わらず、
こんなに悲惨な事故が後を絶たない。
ネット免許ってのを作って、そのために勉強したとしても、
違反や事故は後を絶たない、ま、そういうことですね。

  • 2005年11月01日(火)22:17:04
  • URL
  • 編集
sugar:そういう意味ですか、

ありがとうございました。
免許のために勉強、じゃなくて自分のために、なんでしょうけどね。
ま、失敗しても物理的に人命が奪われるわけじゃない--というのが救いなのかな。
あ、タイトルにしたため、どうも「免許」ということばに反応してくださるかたが多いのですが
私は勿論「免許が必要」などとは考えてません。念のため。

  • 2005年11月02日(水)04:38:36
  • URL
  • 編集
出人:無題

そういう見せかけの話題って、十分変化球かも(笑)。

  • 2005年11月02日(水)08:11:45
  • URL
  • 編集
sugar:本文に

最初から書いてあるんですけどね(^^;
タイトルだって「?」だし。
自分がつかっている修辞は分かりやすく、ひとがつかっている修辞は分かりにくいってことかしらん……(話がそれ始めましたが)。

  • 2005年11月02日(水)08:28:55
  • URL
  • 編集
コメントの投稿

トラックバック(-0件)

http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/tb.php/474-59b6f247

Bookmarked

Blog Battler

ブログバトラー

Twitter

    フリーエリア

    上部の説明

    下部の説明

    Utilities

    Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。