プライベートモードで閲覧中です。

sugar pot : もっとコメントしようよ2・コメントの長さって

ほろ苦い夢のかけらのおすそわけ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

trackback

もっとコメントしようよ2・コメントの長さって

2005年10月05日(水) コメント:4 トラックバック:1

「みんなもっとコメントしようよ」と書いたとき、イメージにあったのは、その記事を良く読んで思ったことを適切にまとめて書かれたコメントだった。

「同意。」のような短いコメントは想定外であったのだが、考えてみればこれもコメントとして投稿されればコメントである。たまには良いが、こればかりでは困る、というのが正直なところである。ひとが書くコメントの長短までコントロールすることは難しいが、こういうコメントが欲しいひとは、Web拍手でも設置すれば良いと思う。

一方で、長いコメントはどうか。私自身ついついコメントが長めになってしまうので、気になっていたところ、こんな記事があった。こういうことが好きな私は、答えてみることにする。

質問1:皆様は長いコメントをもらった時、それに対しどんな印象や感想をもたれますか?もし条件がある場合はそれも含めて教えて下さい。

質問2:レスをつけにくいコメントはありますか?あるとしたらそれはどういうものですか?

質問3:誰かの記事にコメントをつけた場合、その記事を必ず見に行ってレスの有無を確認しますか?そしてコメントにレスがあった場合、それに対してレスをしますか? 頻度(絶対とか大体とか)、もしくは大体の%でお答え下さい。「見に行く・行かない」「レスする・しない」にもし条件がある場合はそれも含めて教えて下さい。

質問4:自分のブログ内で別の誰かへの直レスがあった場合、それに対するコメントはどうしますか?(ex.完全スルー/もしくは一応自ブログなので必要に応じてコメントする 他)(DREAM/ING111「ブログについて考える3:コメントの長さって?」


質問1:皆様は長いコメントをもらった時、それに対しどんな印象や感想をもたれますか?もし条件がある場合はそれも含めて教えて下さい。
適度な長さであったら嬉しいと思う。この「適度」というのがどの程度かというのが難しいが、直感的に15行ほどが「程よい」と自分に感じる長さであることをこの記事で認識した。これ以上になると、コメントの全体像が見通せなくなるので、できれば先方で記事にしてトラックバックしていただいたほうがありがたい。
上記は相手がブログなり何なりご自身のサイトで記事にできるという前提であり、サイトを持たないかたはこの限りではない。ただし、もし、それが頻繁であれば、正直、「ご自身でも発信されたらどうですか」と言いたくなるだろうと思う。今のところそういうケースはないので想像での物言いであるが。
質問2:レスをつけにくいコメントはありますか?あるとしたらそれはどういうものですか?
変化球は苦手である。皮肉や厭味、暗喩の多いコメントはレスがつけにくい。それ以前に、趣旨のはっきりしない文章はコメントしづらい。
質問3:誰かの記事にコメントをつけた場合、その記事を必ず見に行ってレスの有無を確認しますか?そしてコメントにレスがあった場合、それに対してレスをしますか? 頻度(絶対とか大体とか)、もしくは大体の%でお答え下さい。「見に行く・行かない」「レスする・しない」にもし条件がある場合はそれも含めて教えて下さい。
書きっぱなしは厭なので、必ず見に行く。レスがあった場合、新たに話が続けられそうなら返信するが、チャット状態になってもいけないので、程々に(相手によってはなりやすい性質なので、自粛している)。
質問4:自分のブログ内で別の誰かへの直レスがあった場合、それに対するコメントはどうしますか?(ex.完全スルー/もしくは一応自ブログなので必要に応じてコメントする 他)
必要に応じてコメント。自分のブログでその記事がきっかけでほかのかたがたが言葉を交わしてくださるのは非常に嬉しいので、必要以上には出過ぎないことを心掛けるだろうと思う。

ここのコメントにもあったが、記事とコメントでは違う、というもの。

記事=読者一般を想定、文語、中核的自我
コメント=管理人を想定、口語、社会的自我(zippa-zappaさん)

「文語」「口語」というのは恐らく「である調」「ですます調」であると思うが、これは私も意識をしている。記事は自分が書きたいと思ったことについて、多くのひとが読むことを想定して、書く。つかう言葉も「である調」。一方、コメントは、多くのひとの目に触れることは意識しながらも、基本的にはコメントをくださったかたへ宛てて書く。勿論「ですます」時にはもっと砕けた言葉をつかうことも多い。

ところで、ブログのコメント欄はそれぞれの記事にかんしての掲示板だと思っているのだが、DREAM/ING111のなるもにあさん及びコメントされているかたの文章を読んでいると、どうやら違うという認識のようだ。「管理人感覚になっちゃって」いけないのか?理想はこんな感じなんだけどなぁ。HuntingGirledCollective「メディアの一人歩き。」

「もっとコメントしようよ2-2・「15行まで」の感覚」
「15行」についてもう少し書いてみたので、よろしかったら続けて読んでいただきたい。
#445
カテゴリ:101 インターネット(www)

trackback

<<「テンプレートは2カラム派?3カラム派?」 | もっとコメントしようよ2-2 「15行まで」の感覚>>

コメント(-4件)

なるもにあ:TB ありがとうございました!

sugar pot様、はじめまして。
私のコメントに関するご質問にお答えいただき、深く感謝いたします。
客観性の高いご意見として、とても参考になりました。
(このあたりブログ内コミュニティにも関わってくるお話ですね)
コメントの長さに関しては確かに、人間の認識範囲としてのスクロールの問題も配慮すべきだな、と勉強になりました。
「チャット状態」「管理人感覚」については、ブログのコメント欄の活用方法として、もう少し掘り下げたい部分です。
いろいろなご意見がある中で、参加者の自由交流度の高いブログを作っていきたいかな、と改めて思っています。
なお、これからも不定期にブログ考察を行う予定です。機会がありましたらぜひまたご参加ください。近々ではブログにおける初心者の概念について記事アップしたいかな、と思っています。記事アップいたしましたらお知らせに参りますので、ご都合あうましたらぜひご参加のほどお願いいたします。
今回はありがとうございました!
(これで16行(予定)。いかがでしょうか? 汗;)

  • 2005年10月05日(水)21:15:43
  • URL
sugar:なるもにあさん、

バッチシです(^^v<16行
わざわざお越しくださいましてありがとうございます。
興味深い質問でしたので、回答してみました。
「15行」というのも、「このくらいだったら許せるなぁ」というので数えてみたら大体そのくらいだったということで、ブログによって文字の大きさが異なりますので、正確ではないのですが、まぁアバウトに、少なくないが多すぎない量ということで。
折角あるコメント欄だから、もっと活用しようよというので書き始めたコメント関係のお話ですが、こんなことを書いている当ブログを尻目に、毎回人が賑わってコメントわんさか、という楽しいブログも多々あるわけでして……「コメントしやすいブログ」というのはどういうブログだろうなぁと考えてみたりもします。
本文が「である」調だと、最初はコメントしづらいかもなぁ、というのは思いつきますが、それだけではないでしょうね。話題もあるでしょうし、人徳だよと言われればもはやひれ伏すしかない(苦笑)。
>参加者の自由交流度の高いブログ
いろんなかたが行き交うブログはいいですよね、私もひとつの理想型としてイメージしています。はい、これで20行くらいかな?(笑)

  • 2005年10月05日(水)22:20:42
  • URL
  • 編集
zippa-zappa:こんにちは

>皮肉や厭味、暗喩の多いコメントはレスがつけにくい
皮肉や厭味はやらないのですが比喩はしてしまいがちなので気をつけなくてはと思いました。
最近は特にわざと「どうにでも取れる表現」をするのも楽しい気がしています。
でも、コメントでこれをやると相手によっては困惑されてしまうかもしれませんね。
以下直球で書いておきます。
自分の書いたものが引用されるというのは楽しいものです。
「文章」が自分の手を離れていく感じで。
引用ありがとうございます。

  • 2005年10月06日(木)11:52:54
  • URL
sugar:こんにちは、

以前、とても暗喩の多い文章を書くかたからよくメッセージをいただくことがありまして、何がおっしゃりたいのか常に悩まされていた時期がありました。今なら、あまり酷い場合は「理解されたいの?されたくないの?」とも言ってしまうのですが、当時はまだそこまで言えない私でした……。
暗喩アレルギーはその後遺症かもしれません。上手な比喩にはインテリジェンスを感じます。
>「文章」が自分の手を離れていく
これを楽しめるかどうかで、ネットの世界は楽しいものにも、しんどいものにもなりますね。最近つくづく感じています。

  • 2005年10月06日(木)12:37:11
  • URL
  • 編集
コメントの投稿

トラックバック(-1件)

http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/tb.php/445-4f192c8f

トラックバックが苦手

私は、どうもトラックバックが苦手です。

  • 2005年10月05日(水)21:59:44
  • from FC2tyle-FC2ブログstyle-

Bookmarked

Blog Battler

ブログバトラー

Twitter

    フリーエリア

    上部の説明

    下部の説明

    Utilities

    Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。