プライベートモードで閲覧中です。

sugar pot : トラックバックの件数#2 行為自体が目的化しているトラックバック?

ほろ苦い夢のかけらのおすそわけ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

trackback

トラックバックの件数#2 行為自体が目的化しているトラックバック?

2005年09月23日(金) コメント:3 トラックバック:0

こういうことをやっていたら、そんなに何件もトラックバックを送る余裕はないのである。(sugar pot「トラックバックの件数」

「こういうこと」がどんなことかは、当該記事をご覧いただきたい。

以前の記事を蒸し返すのは、今日こんな文章を読んだからだ。

ただ、リンクを張らないトラックバックより、リンクを張ってからトラックバックするほうが喜ばれるのは知っています。自分自身がそう感じますから。ですから出来るだけリンクを張ろうとはしています。でも、そればかり気にしていたら、トラックバックそのものが面倒くさくなります。5つトラックバックすれば5つもリンクを作成することになりますからね。(ブログをとことん調べます「トラックバック論争って熱い」

面倒くさいのなら、トラックバックしなきゃいい。


もし、その記事を読んで、「何か」感じるところがあったのなら、その旨コメントを残せば良いし、そこまでする必要がないと思ったのなら読むだけにとどめれば良い。

いや、仮に直接その記事に言及されていなくても、そこで発せられた問いの答えが自分の記事の中にあり、そのブログの運営者と読者に有用であるなら、トラックバックを送るのもありだろう。でも、そんな偶然はそうあるものではない。

ひとつひとつの記事に対処する手間を省いてまで、多くのトラックバックをする理由はどこにあるのだろうと考えると、「自分のブログを宣伝したい」「トラックバックというツールを使いたい」と、そこしか思い当たらないのだが、いかが。

物理的にはトラックバックはどんなところへもできるのだが、「同じテーマをあつかっているから」「同じテーマをあつかっているブログで交流したい」というという理由なら、トラックバックセンターというものがあるのだから、そこへトラックバックすることをおすすめしたい。たまたま遭遇したひとつのブログに照準を合わせてトラックバックするよりも、ずっと効率的だ。誰も文句は言わないし、検索も楽だろう。

ここをご覧になっていただいているかたには、私はこう申し上げたい。「ツールは使いこなしてのもの。使いこなされませんように。」[1]

参照:ARTIFACTー人工事実ー「トラックバックセンター紹介」いろいろ面白いテーマに特化したものがあるのだなぁ。

おっと、実はこのブログも「私設トラックバックテーマ」として、トラックバックを募集しているものもある。これらの記事へのトラックバックは言及不要である。念のため。

[1]こんなことばかり書いている私も、「振り回されている」のかな?

#428
カテゴリ:101 インターネット(www)

trackback

<<耳からこぼれそうだ (BlogPet) | テンプレート数1000突破 多けりゃいいってもんじゃない?>>

コメント(-3件)

sugar:トラックバックを送る意味

それは勿論、「あなたがこう考えておられることに、私はこう考えます。」と意思表示をして、運営者を含むそのブログを見ておられるかたがたに示すことです。そこに新たな視点が加えられるのが理想です。
この文脈で出された「無断でトラックバックすること」が何を意味しておられるのか、ちょっと読み取れないのですが、もし、「挨拶なしのトラックバック」ということなら、私は、それはアリだと思っています。
http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/blog-entry-416.html
たいせつなのは、「記事が読まれているかどうか」「元記事を読んでくださっているそのブログの訪問者に、どう示そうとしているのか」ですよね。
>コメントでは伝えきれない事でも記事にする事で表現できたりしますから。
コメントもトラックバックも元記事を丁寧に読まないと書けない・送れないものですよね。

  • 2005年09月23日(金)11:38:13
  • URL
  • 編集
taigo:

いわゆるブログをはじめてからつらつらとくだらない記事を書き続けていたら100以上になりました。んで、トラックバックなる機能をいくつ使ったかなと考えたら、ホント数えるほどなんですね。私にはトラックバックという機能は必要ないということがわかりました。
ブログというものが私の耳に入ってきたのはアメリカの911以降クローズアップされているという話でした。なんかブログという個人サイトで言論が形成されているというような話だったかな、うろおぼえ。眉唾で聞いていたので。
トラックバックというのは言論というか、自分の意見を主張したいとか、そういう目的でブログを運営するには便利なんでしょうけど、日々の雑記、日記として使う分には、あまり必要ない機能なんだと思います。
でも、そういう日記として使っている人が多いわけで(FC2等のレンタルブログサービスの場合)。その人たちにとっては、なんか新しいものらしいけど、なかなか使い方がわからない、使う機会がないなぁーと感じた機能なのかもしれません。
私の勝手な想像ですけど、そういうトラックバックを持てあましてしまった人にとっては、検索トラックバックはトラックバックというよくわからない機能を上手に使ってやってるじゃんオレ、なんかオサレ、みたいな状態なのかもしれないのかもなーと思ってみたり。
使う必要ない機能は使わなきゃいいんですけど、あるものは使ってしまいたくなってしまうというのが人のサガなのかな。で、問題はそういう行動はスパムトラックバックの温床になり得るというところなんでしょうねぇ。当人とっては善意でも。
共感トラックバックよりか、コメント残す方が運営者にとっては嬉しい気がするんですよね。共感したのならトラバよりコメントで、ってのは良いですね。

  • 2005年09月23日(金)23:51:53
  • URL
  • 編集
sugar:コメントはホントありがたいですね。

taigoさん、
ブログ=日記
と思っておられるかたも多いですよね。そして、日記=わたくしごと でそんなにトラックバックをするかと言うと、おっしゃる通り、トラックバックはわたくしごとには向いていないように思います。
むしろ、コメント欄、こちらは上手に活用すればわたくしごとでも、楽しいブログになるのではないかと。
>共感トラックバックよりか、コメント残す方が運営者にとっては嬉しい
昨日から庭先やら室内やらと家にたとえていますが、家というのはテリトリーな訳ですよね。taigoさんのこのコメントを読んで思ったのが、トラックバックは自分のテリトリーからの発信で、コメントは相手のテリトリー内での応答なんだ、ということです。
自分の家から電話をかけたり手紙を送ったり、という行為がトラックバックで、コメントは相手の家にお邪魔して、そこで会話をするというか。
よく「コメントはレスを要求されるように感じるがトラックバックはそうではない」と書かれているのを読みますが、これもそういうことでしょう。かかってきた電話は留守番電話で、手紙は失礼で済ませることができますが、家に訪れてきたお客さまの言葉はそう無視できるものでもない。そんな違いがあるように感じました。
要は、臨機応変に、相手や、そのブログの読者に失礼がないようにできればいいのではないでしょうか(私ったらそのつもりですが、できてますか?>トラックバック・コメントを受けてくださったかたがた)。
でも長目のコメントも嬉しかったりしますね、概してうちのお客さま、運営者同様、長文が多いです(笑)。

  • 2005年09月24日(土)03:35:59
  • URL
  • 編集
コメントの投稿

トラックバック(-0件)

http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/tb.php/428-8439114e

Bookmarked

Blog Battler

ブログバトラー

Twitter

    フリーエリア

    上部の説明

    下部の説明

    Utilities

    Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。