プライベートモードで閲覧中です。

sugar pot : 誰のもの?私のもの、でもあなたのもの

ほろ苦い夢のかけらのおすそわけ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

trackback

誰のもの?私のもの、でもあなたのもの

2005年09月05日(月) コメント:0 トラックバック:0

たとえひとりごと、と書かれているサイトや、内輪だけのサイトであったとしても、「私」と「他」がかならず居る。運営者の「私」以外は「他」である。その「他」の視点を慮れるかどうかで、サイトの雰囲気はかなり変わる。

今までにも何度も書いてきたが、ウェブサイトは読まれてなんぼ。読まれることを考えず、吐き出すだけなら、チラシの裏で良いのである。世界中に一人でも読んでくれるひとが居るのならば、「他」への視点は欠かせない。


昨日の記事のコメントで、私が感銘を受けた記事のタイトルが「誰のためのトラックバックか?」(米国過激団(元))と書いた。

それまで私はトラックバックをはっきりとではないにしろ単なるお知らせ機能だと考えていた。つまり「あなたの記事、参考にしましたよ~」と、元の記事の書き手に知らせるというわけだ。

だが、よく考えてみると、それなら別にトラックバックの必要はない。非公開コメントでもメールでも良いわけだ。わざわざそのブログの一部のスペースを使って自分のブログの名前とURL、概略が表示されるのは別の意味がある。大体、知らせる必要すらないかもしれない。まめで気にするひとはアクセス解析でチェックしているかもしれないし、逆に報告されてもなぁというひとだって居るかもしれない。

ならば、なぜトラックバックをするのだろうか?

ここで、先ほどの「誰のため」という視点が入ってくる。来訪者のため、と考えれば、それがブログ上に表示される意味が分かってくる。来訪者は関連記事としてトラックバック先の記事を読む。ひとつのブログから話題が広がっていく。そのために運営者はトラックバックされた記事を置く。ただのお知らせやアクセサリではない、トラックバックの本来の機能だろう。

どういうときにトラックバックが来訪者にとって有用かを考えるのに、ARTIFACTー人工事実ーのaboutが参考になる。以下、TrackBackについて、の部分の引用:

TrackBackについて
○もし、当サイトの記事に対して、ご自身のサイトでコメントしたら、TrackBackというリンクの告知機能でお知らせしてくださると嬉しいです。
○単にニュースソースだったり、一行程度のコメントならTrackBackを送らなくても結構です。削除することもありますので、ご了承ください
○TrackBackは相手のサイト管理人に知らせる通知ですが、同時にサイトを読んでいる人に「自分の書いた記事は意味のある情報だ」と知らせるものでもあることを意識してくださると嬉しいです。参考:TrackBackによってあなたの評価は上がってますか?
○TrackBackを送った記事からのお礼としてのTrackBackは送らないでください。新しい記事を書いたので送るというのは問題ありません。
○管理者が巡回やreferなどで自分のサイトへの言及を発見して、興味深いと思った場合、管理者が参考としてURIをTrackBackすることがあります。その場合(加)と表示してあります。

単なるお知らせとしてのトラックバックは要らない、そのトピックについて何らかの発展性が見られる記事のトラックバックを歓迎する、という姿勢が現れている。

実際には、「トラックバック先まで読まれていない」という記述もよく見る。が、私は、興味をもった記事へのトラックバックは、割にクリックしている。クリックするかどうかの判断材料は、表示された数行の概要だ。

コメントもトラックバックも記事のうち、と考える私は、いただいたコメントやトラックバックをその場所に置いておくか削除するか、という管理者の権限は、自分のブログを演出し、来訪者が心地好く私のブログを読めるようにする義務だと思っている。

そして、このブログについたトラックバックなら読みたい、と思われるのは、ひとつの目標である。

(つづく)

あんまりこんなこと書いてるとトラックバックが減るかしらん?

#396
カテゴリ:101 インターネット(www)

trackback

<<トラックバックの件数 | 誰のもの?私のもの、でもあなたのもの#2>>

コメント(-0件)

コメントの投稿

トラックバック(-0件)

http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/tb.php/396-5d079749

Bookmarked

Blog Battler

ブログバトラー

Twitter

    フリーエリア

    上部の説明

    下部の説明

    Utilities

    Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。