プライベートモードで閲覧中です。

sugar pot : のだめカンタービレSelection CD Book ピンクのモーツァルトを聴きながら

ほろ苦い夢のかけらのおすそわけ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

trackback

のだめカンタービレSelection CD Book ピンクのモーツァルトを聴きながら

2005年08月13日(土) コメント:0 トラックバック:0

のだめカンタービレSelectino CD Book
のだめ” border=”0

予約していたCDブックが届いた。ちまたで人気のクラシックお笑い漫画、「のだめカンタービレ」に出てくる曲からピックアップしたCD。

収録曲
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番《悲愴》第2楽章
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番より第1楽章
ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー
リスト:メフィスト・ワルツ第1番《村の居酒屋での踊り》
モーツァルト:オ-ボエ協奏曲より第1楽章
ドビュッシー:喜びの島
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
R.シュトラウス:交響詩《ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら》
ベートーヴェン:交響曲第7番より第1楽章
海老原大作(大澤徹訓):ロンド・トッカータ

早速、聴いているところ。くろきんこと黒木くんが吹いた、モーツァルトのオーボエ協奏曲。オーボエ協奏曲というのは初めて聴いた。クラシックには詳しくないのだが、モーツァルトらしいなぁと思った。

解説本でアナリーゼはバッチリ(ホントか?)。それぞれに佐久間学の大仰な詩つき。CDのフェースはマングースのだめ。「のだめカンタービレ」ファンには間違いなく楽しいCDブックである。

千秋真一(指揮)R☆Sオーケストラ「ブラームス:交響曲第1番~のだめカンタービレ」真一
9月にはこんなCDも……。こりゃ次はテレビドラマ化、映画化か。

#346
カテゴリ:004 音楽

trackback

<<ブログに地名を書いたなら | 星になった少年>>

コメント(-0件)

コメントの投稿

トラックバック(-0件)

http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/tb.php/346-92f6f930

Bookmarked

Blog Battler

ブログバトラー

Twitter

    フリーエリア

    上部の説明

    下部の説明

    Utilities

    Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。