プライベートモードで閲覧中です。

sugar pot : 発信者としての自覚と責任

ほろ苦い夢のかけらのおすそわけ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

trackback

発信者としての自覚と責任

2005年04月30日(土) コメント:0 トラックバック:0

大流行「ブログ」でストーカーに狙われる(Yomiuri Online 2005/4/17)
大流行の兆しを見せている「ブログ」。国内の開設数はすでに100万サイトに上り、本場の米国では、マスメディアと並ぶ「第五の権力」と呼ばれるほど影響力を増している。「日記感覚の手軽さ」が人気の秘密。だが、そこに意外な落とし穴が待ち構えている。さらに、非道な個人攻撃の温床となる危険性さえはらんでいるという。



2週間ほど前に読んだ記事。
記事で取り上げられる「落とし穴」として挙げられているのは、
(1)個人情報を垂れ流し、実際にストーカーに遭うことの危険性
(2)誤った情報が流れやすいことの危険性
(3)個人攻撃の温床になりやすいことの危険性
である。

これはブログに限ったことではなく、公けに発言する場合には常に留意しなければな
らないことなのであるが、記事中にもあるように「ブログは、初心者でも手を出せる
反面、ネットの危険性を知らずに利用してしまう人も多い」ということなのだろう。
日記を書く人口はブログツールがあちこちで用意されている以前よりは遥かに増えて
いることだろうから、こういうことが問題になるのも当然なのだろう。

私だってこうして書いている以上、自分の情報を流しているわけである。どんなこと
を考えているのか。どんな本を読んでいるのか。最近はどんなサイトを歩いたか、足
跡を残すことまでしています。えへ。これで現実の私を特定することができるのなら、
その探索能力の持ち主は凄いなぁ程度の公開だと思っているが、どうだろうか。

誤った情報を流すことへの危険性については、常に気をつけていなければいけないと
思う反面、「ネットで得られる情報は常に疑ってかかる」くらいでいなければならな
いのだろうと感じている。ただそれは検索の利便性を誇るインターネットではとても
残念なことなのだが。
ブログ流行りの昨今、トラックバックやコピペであまりにも簡単に元の内容が複製さ
れるため、情報の流布がこれまで以上に早く広範囲に渡ることを感じるが、おかげで、
以前より検索に時間がかかるようになった。本当に知りたい情報に手が届くまでに時
間がかかるのだ。検索のテクニックもより求められるようになったということか。

そして最後の項目、個人攻撃の危険性であるが、これは自分の考えや思いを公に流す
以上、ある程度は覚悟しなくてはならないものである。もちろん、コメントする側の
モラルを求めることも大切であるが、一旦発信したコトバは、自分のものであって自
分だけのものではないことを発信する側はやはり意識しなければならないだろう。そ
の上で、やはり、互いを尊重し合える文化をつくっていきたいものだ。

個人が簡単に自分の情報を世界中に発信できる手段が得られているということは、そ
れ以前に比べるとものすごーいことなのだ。(以前「ミニコミ」の話をしたら、知ら
ない人たちが居て私などはとてもショックだったのだが、インターネットという場が
ある現在、それを知らないのは当たり前なのかも知れない。)それを知る世代として
は、大事にしていきたいと思うのである。

#33
カテゴリ:010 ニュース・社会

trackback

<<my footprint | ケロロ軍曹であります!>>

コメント(-0件)

コメントの投稿

トラックバック(-0件)

http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/tb.php/33-d5cf3e70

Bookmarked

Blog Battler

ブログバトラー

Twitter

    フリーエリア

    上部の説明

    下部の説明

    Utilities

    Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。