プライベートモードで閲覧中です。

sugar pot : 共有テンプレートは「アジアの市場」の面白さ もっと発展するといいネ

ほろ苦い夢のかけらのおすそわけ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

trackback

共有テンプレートは「アジアの市場」の面白さ もっと発展するといいネ

2005年08月01日(月) コメント:0 トラックバック:0

共有テンプレートを知ったときから感じていた違和感は、私の中で徐々に大きくなっていた。それは利用規約に書かれてある共有テンプレートの権利関係について、非常に曖昧であることから発していた。FC2に登録してから何度も規約は読んだが、すっきりすることはなかった。

「カスタマイズ、どこまでOK?」には多くの方からコメント・トラックバックをいただいた。そこから感じたことをまとめてみる。上記記事へのコメントやトラックバックいただいた記事へのコメントと重複する部分があるが、許されたい。


前提として、FC2ブログでは、htmlとCSSに直接アクセスでき、ほぼ全面的にテンプレートを改変することが物理的に可能だというのがある。知識あるいはヒントさえあれば、大掛かりな改変もできる。が、物理的に可能というのと、やっていいというのは別である。

さて、共有テンプレートには、機能重視のものと、デザイン重視のものがあり、前者は比較的カスタマイズに寛容であるが、後者はカスタマイズされる側もする側も難しい問題をはらんでいる。

画像素材を多用した「見た目の」デザイン性の高いテンプレートの場合には、作り手さんは「全体のデザインにオリジナリティがあり、そこは侵してほしくない」と強く考えておられる場合もあり、こうしたテンプレートの場合、ダウンロード時に「大掛かりな改変は行わない」という、作り手さん(テンプレートの提供者)と、使い手(ダウンロードして自ブログのテンプレートとして使用する利用者)との間での合意が必要ではないか。

また「レイアウト等の改変は差し支えない」とする提供者であっても、別途、素材にかんして、バナーへの流用の可否やアダルトサイト等への適用の可否などの情報がユーザに与えられるべき。特に、テンプレートの提供者が別途素材サイトから素材を借りている場合などは、素材サイトの利用規約が適用される旨、明記される必要がある。

「どういじり倒してもらっても問題はない」という提供者以外、簡単でも良いので、利用規約を用意することを推奨し(できればテンプレートを用意)、提供者と利用者間の齟齬をできるだけなくすような配慮が求められる。

FC2ブログにそうしたシステムが整備されることを望むとともに、一方で、「アジアの市場」のようなステキな共有テンプレート制度が発展していくために、ユーザ(提供者・利用者ともに含む)全体のコンセンサスとして、互いの立場を尊重し、思い遣っていくことが求められるだろう。作るひとが居なければ使えないし、使うひとが居なければ、公開してもあまり意味をなさないのだから。

本件、FC2ブログに要望として伝えたいと思います。「FC2ブログ サポートフォーラム」>「不具合・要望掲示板」>「【要望】共有テンプレートの利用における共通認識確認のシステム」として投稿しました。

#304
カテゴリ:107 ブログカスタマイズ

trackback

<<PRF 応援スレッド | 7月の検索キーワード>>

コメント(-0件)

コメントの投稿

トラックバック(-0件)

http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/tb.php/304-251f975b

Bookmarked

Blog Battler

ブログバトラー

Twitter

    フリーエリア

    上部の説明

    下部の説明

    Utilities

    Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。