プライベートモードで閲覧中です。

sugar pot : 【テンプレートフリークス】共有テンプレートというもの

ほろ苦い夢のかけらのおすそわけ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

trackback

【テンプレートフリークス】共有テンプレートというもの

2005年07月20日(水) コメント:5 トラックバック:1

ssについて書いた前回の文章に、Puppeさんからお返事 をいただいて、私の勘違いが判明。

Puppeさんがターゲットにした「文字書き」さんは、ただ私のように長ったらしい文章を書く者、ではなく、創作物を書くひとのことだった。Puppeさんによれば、追記を省略したのは、

ただ全文を小説を読むために毎回追記を押すのは何気に面倒だから
本文に書いてほしいなとも思うんです読む立場から

ということだ。


たしかに、「追記」というのは読むひとにひと手間かけさせることだ(追記の多い当ブログを読んでくださる方、ありがとうございます)。Puppeさんの想定した、小説の一章一章を一記事におさめるというやり方なら、追記はない方が読みやすいと考えるのは自然だろう。
追記の省略は、読み手が読みやすいものをというPuppeさんの主張のひとつなのだ。[1]

言い訳がましいが、私の【テンプレートフリークス】は、批評ではない。その名の通り、いいな、ステキだな、と思ったテンプレートを、自分のブログで使うのだったら、ということで感想を述べている。

前の記事を公開してから、ずっと考えていた。
共有テンプレートの持つ意味合いとは何だろう。
Puppeさんの記事へのコメントにこうも書いた。追記がないものもあってもよいと思います
共有テンプレートとは、その名の通り、テンプレートの作り手さんが、「こんなものを作ってみたんだけど、ほかのひとと共有してもいいよ」と公開してくれているものだ。そこに標準的な基準を持ち出して語ることは妥当ではないだろう。

共有テンプレートの性質を考えた場合、公式テンプレートよりも自由度は大きいはずだ。どの変数を使うかは、作り手の選択であり、それは個性だ。それが一般的にはブログに搭載されているのが当たり前なものであったとしても、その選択は作り手の選択であり、自分が使いたいと思うものでなかったとしたら、カスタマイズするなり、ほかのテンプレートを選べば良いだけだ。

今回の、「追記がないのは残念」というのは、このテンプレートを使いたい長文書きの私の感想に過ぎない。作り手さんがそれに対応して、カスタマイズの方法を示してくださるのはありがたいことだ。が、作り手さんにその義務はない。

公開するからには責任は持つつもりですし最低限も守るつもりです Puppeの基準で

FC2の共有テンプレートの作り手さんは、熱心な方が多いと思う。サポートなり、不具体対応なり、厭うことなくされておられる。自分のつくったものに責任を持つというその姿勢は、尊敬に値する。

使う側としては、誤った表示がされるとか、表示がずれるとか、見えないとか、そういうケースでは、作り手さんには積極的に対応してほしいと思う。が、それも、「共有テンプレート」においては制約ではないだろう。IEのみに通用するものを使って表現したテンプレートがあったって良い(ただ、それを作り手さんには認識しておいてほしいし、テンプレートの説明に載せておいてほしい。使う側は、分からない場合もあるのだから)。

作り手さんの自由度が大きいからこそ、発展してきた共有テンプレート制度。使う側である私は、作り手さんの「個性」を充分に受け止め、共有テンプレート制度の恩恵に預かりたいと思う。

それから、「<div>中毒」という言葉に象徴されるhtmlの書き方への警鐘は、警鐘として受け止めておけば良いのではないか。「必要以上に使っていないか」「その<div><span>は適切かどうか」、自分の書いたソースを見直すときにそうした問いをしてね、ということだと思う[2]
PRFは熱く応援するが、だからといって、そこでできあがってきた、複数のひとの知恵から練り上げられた、文法的にも正しい汎用htmlだけが「正しい」「存在すべきものである」とは言えない。PRFによって、良い効果があるとは思うけれども、PRFでほかのhtmlが否定されるようなことはあってはならないと、それはやっているご本人たちも重々承知されていることだと思う。「良い影響があるだろうと思うからこそ私も応援している。

共有テンプレートと、共有テンプレートの作り手さんたちに、愛を込めて。

  1. なるほどそういう使い方もできるのかと、感心した。カテゴリを章名にして、左に置く。従来のホームページでやるのとどう違うのかというと、htmlの知識がないひとにもこれなら簡単に整ったページができること。ftpなども要らない。更新が簡単であるというのはそれだけで大きなメリットだ。(章が増えたときのことを考えて、overflowさせておくのも良いかも…)
    追記を多用している書き人さん発見。ひとつひとつが独立したお話なら、こういう手もある。超短編小説  本文に戻る
  2. CHOU-FLEURさんからコメントをいただき、加筆した。ところで、最近覚えた<span>というものを記事内で使い過ぎている(だろう)のは私です、すみません。学習します。
#281
カテゴリ:108 テンプレートフリークス

trackback

<<【連想ゲーム】#5 「夏休みの宿題」といったら? | 【テンプレートフリークス】共有テンプレートというもの>>

コメント(-5件)

CHOU-FLEUR:div厨

個人的にはdivやspanを使う事は悪いとは思いません。ちゃんと定義・用意されているわけですからね。
ただ、意味を全く持たないdivやspanより相応しいタグがあればそれを優先させるだけで、読み手に優しくなるという心配りみたいな感覚でいいと思います。

  • 2005年07月21日(木)10:28:50
  • URL
  • 編集
耳呈:共有のありかた

こんにちわです。
sugarさんの記事は、どう続くんだろう? と興味を引くので、クリックするのは苦ではないです。「追記」の内容も読みごたえがありますし。たとえば音楽の話題のエントリとか、もし自分の興味と一致しなければ、リードだけ読んで追記はクリックしない、という選択も閲覧者側でできますね。
突き詰めると、カテゴリの分け方もそうですけど、運営者が閲覧者に配慮したコンテンツづくりをしているかになってしまうんでしょう。こう言ってしまうとスキンの仕様うんぬんは意味がなくなってしまうけど。
>それが一般的にはブログに搭載されているのが当たり前なものであったとしても…
…とは言え、sugarさんが楽しいと言ってくださった、当サイトのタイトルカラーですが(danielさんや洵さんの言っていた、コメントの「mail」の「平和利用」をしたものですけど)こういうのが共有にあると、これまでフツウに「メール」として使っていた人はこまるだろうなあ、とか私も考えました。自サイトに被せるスキンとしてはいいのでしょうけど。たしかに「ほかのテンプレートを選べば良いだけ」かもしれません。

  • 2005年07月21日(木)15:25:19
  • URL
  • 編集
sugar:独りよがりにならないように

>CHOU-FLEURさん
おっしゃる通りですね。警鐘として、では分かりにくいので加筆しました。ありがとうございました。
>耳呈さん
>sugarさんの記事は、どう続くんだろう? と興味を引くので、クリックするのは苦ではないです。
そう言っていただけると嬉しいです。クリックしたいなと思う文章を書くよう精進したいですね。
>リードだけ読んで追記はクリックしない、という選択
私が追記を多用するのは、そこにあります。長文が多いので、スキップするにもそのままだとたくさんスクロールしなければならなくなりますので。
その場合、書き出し部分にはほかからの引用を使うことも多いのですが、これがRSSで冒頭部分だけ持ってかれるとちょっと困ったことになり、ほかのひとの文章があたかも私の文章のようにブログのまとめサイトなどに載っていて苦笑してしまうことがあります。excerptが書けたらいいのになー。
>運営者が閲覧者に配慮したコンテンツづくりをしているかになってしまうんでしょう。こう言ってしまうとスキンの仕様うんぬんは意味がなくなってしまうけど。
テンプレートの仕様うんぬんも、運営者の来訪者への心配りのひとつでしょう。テンプレートの仕様、カテゴリ等の上手な設定、そして肝心の本文。読みやすいブログはそれらがバランス良く存在します。読まれるブログはやはり独りよがりになってないですね。読んでくれるひとを楽しませ、読んだことを後悔させないブログを目標にしたいと思っています。
>メール欄の平和利用
メール欄が存在しないこと、まったく気付いていませんでした。それはメールアドレスを入れるという行為を普段していないから(メール欄が必要なかったから)で、多くはこのパターンだと思われます。それより、タイトルカラーが選べる楽しみのある耳呈さんのテンプレート、面白いくてまたコメントしたくなります(またお邪魔しマス)。

  • 2005年07月21日(木)16:38:25
  • URL
  • 編集
亜季:ビックリ!

いつの間にか、私のできたてブログがサンプルになっててビックリしました☆
ご紹介ありがとうございます(^^)
追記も使いようですよね。
Puppeさんの言うように追記を省略したとすると、最初のページにひとつの記事だけ表示するようにして、
他の作品はカテゴリーや最新記事から飛べるようにするってのもバランス的に読みやすいですよね。
でもそうすると、最新記事にカーソルを触れた時に簡単な内容説明が出るように設定した方が読む側には親切。
でも、カーソルに触れてからalt文字が表示されるまで、微妙な待ち時間が生じてきて
これが結構、わずらわしい。
そう考えると、今のような追記を利用して本文に簡易説明をつけたほうが
見やすくなって。
あ、長々と書き込みすみません(^^;)

  • 2005年07月21日(木)22:21:11
  • URL
  • 編集
sugar:驚かせてしまいましたね。

亞季さんはじめまして。
ちょうど亞季さんのブログが追記を使用している特徴的な例だったので引き合いに出させていただきました。
Puppeさんの使い方だと最新というのはあまり重要ではないみたいですね。記事を古い順に並べて、第一章から読んでいく。それだとあまり説明は要らないかな。
「追記」ひとつ取ってみても、ひとによっていろんな使い方、感じ方があるとつくづく感じました。
亞季さんのブログは記事のひとつひとつが絵本のような感じ。追記をクリックするのが楽しみな仕組みがまた楽しいです。カットもステキですね。

  • 2005年07月21日(木)22:36:28
  • URL
コメントの投稿

トラックバック(-1件)

http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/tb.php/281-2f637254

共有テンプレートへの責任感!?

sugarさんの愛を勝手に受け取り、ワタシなりのサポートについてちょっぴり書いておきます。FC2の共有テンプレートの作り手さんは、熱心な方が多いと思う。サポートなり、不具体対応なり、厭うことなくされておられる。自分のつくったものに責任を持つというその姿勢は、尊敬

  • 2005年07月20日(水)22:22:36
  • from べーじゅのこころ

Bookmarked

Blog Battler

ブログバトラー

Twitter

    フリーエリア

    上部の説明

    下部の説明

    Utilities

    Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。