プライベートモードで閲覧中です。

sugar pot : 吾妻ひでお『失踪日記』

ほろ苦い夢のかけらのおすそわけ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

trackback

吾妻ひでお『失踪日記』

2005年07月05日(火) コメント:4 トラックバック:1

世の中には、些細なことにも大げさに反応して大騒ぎするひとと、深刻なこともさらっと言いのけて「あはははははは」とやってるひとが居る。明らかに後者であるこのひとが書いた本が、ベストセラーになっている。


吾妻ひでお『失踪日記』

吾妻ひでおである。私にとっては『ふたりと5人』の吾妻ひでおである。その後、何だか神格化されてしまったようなよく分からなくなってしまって、気がついたら30年が経っていて、この本が話題になっていた。

相変わらずのタッチで、「しけもくしけもくしけもくしけもく」などは懐かしかった。小学生の私が、「しけもく」という言葉を覚えたのは、吾妻ひでおによる。

2度の失踪、自殺未遂、ホームレス生活。凍死寸前になると筋肉が壊死してとてつもなく痛い、などと、経験者でなくては言えないありがたい言葉が続く。カビの生えた中華まんを、数日後にやっぱり拾いに行き、カビをはがして日光消毒して食べたらうまかった、とか、酒瓶の底に入っている液体を集めるときにはまず臭いをかぐ、時には小便や妙な液体が入っていることがあるから、とか、一般市民な生活をしていては身に付かない、身に付けなくて良い知識が身に付く。

アル中のあやしい親父にスカウトされて電力会社の下請け工事の会社に勤め始め、講習を受けたり、社内報に漫画を書いたり。このひとは、働き者なのだ。そしてある日ぷっつんしてしまうのだ。その結果が、失踪2回と自殺未遂とアル中である。

かなりな体験をさらっとこういう読み物にしてしまう技量は、やはりタダモノデハナイ。『失踪日記』はネットの力も借りて、版を重ねているという。私もwebでその存在を知り、オーダーしたひとりだ。

少し前から同人誌で書き始め、『失踪日誌』が売れた吾妻ひでおは、この先どこへ行くのか。また働いて働いてある日ぷっつんしてしまうのか。その危うさの上にさりげない笑いを築く吾妻ひでおの姿に、背中のどこかがちくりと痛みながらも、私はまたこのひとの漫画が読みたいと思う。
#234
カテゴリ:003 小説・読み物・出版

trackback

<<大豆ノススメ ー児玉清に萌え | 樫村政則『完全失踪マニュアル』>>

コメント(-4件)

かっぱ:無題

とりあえず、ななこSOSも、オリンポスのポロンも再発(ハヤカワから!)されているし、ななこのDVD-BOXもでたりしているので、なにもしなくてもしばらく食ってけそうにおもうのですけど。あじませんせー。
そういえば、白いワニの江口せんせーはいまどうされているんでしょう。

  • 2005年07月07日(木)00:51:51
  • URL
  • 編集
sugar:やっぱり

あじませんせー。食ってけるけど、なんか描いちゃいそうな気しません?
江口センセー思い出しましたか。私も思い出しましたですよ。どう見てもラフスケッチとしか思えないもの、少年ジャンプでよく見ましたねぇ・・・。
「NO MATTER―江口寿史イラストレーション Re‐mixed by立花ハジメ」つーのが手元にあるんですが、今見たら出版年は1988年でした。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%BE%B8%FD%BC%F7%BB%CB
デニーズのメニュー・・・知らなかったなぁ。

  • 2005年07月07日(木)01:22:27
  • URL
  • 編集
さなえ:トラバありがとうございました!

この「失踪日記」ではじめて吾妻ひでおを知りました。
過去の作品も読んでみようと思ってます!
ああ、出版社の思うツボ(笑)
それにしてもsugarさん、文章書くの上手すぎです・・・!!

  • 2005年07月10日(日)03:10:20
  • URL
  • 編集
sugar:さなえさん、

ほんと、思うツボ(笑)。
私が驚いたのは、かつてブイブイ描いていたときと絵柄がまったく変わっていないことです。線の勢いも。これってかなりびっくりです。
文章修行中の身に上手いとは。うまく伝わっていると嬉しいです。

  • 2005年07月10日(日)09:34:07
  • URL
  • 編集
コメントの投稿

トラックバック(-1件)

http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/tb.php/234-d38474c8

失踪日記

吾妻ひでお著オススメ度★★★★作者自身が突然失踪し、自殺未遂、ホームレス、配管工、アル中、強制入院するまでの波乱万丈なエッセイ。これ・・・この絵柄じゃなきゃ本気で怖い話になっちゃう(笑)特にホームレス、アル中になるくだりは生々しくて怖いんだけど愛嬌のある

  • 2005年07月10日(日)03:11:54
  • from たぶん、なんかの中毒。

Bookmarked

Blog Battler

ブログバトラー

Twitter

    フリーエリア

    上部の説明

    下部の説明

    Utilities

    Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。