プライベートモードで閲覧中です。

sugar pot : 加藤昌治『考具』

ほろ苦い夢のかけらのおすそわけ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

trackback

加藤昌治『考具』

2005年06月25日(土) コメント:4 トラックバック:0

  加藤昌治『考具―考えるための道具、持っていますか?』

著者は広告代理店で毎日山ほど企画を考えているひと。「アイデアマン&ウーマンになるかどうかは、後天的なものだ」と嬉しいことを書いている。まだ考えるための道具を手にしていないだけだ、と。

アイディアが生まれる過程は面白いものだ。別に毎日企画を考える必要があるわけではなくても、考えるための道具は持っているに越したことはない。ブログという表現手段ももっているわけだしね。アイディアが豊富なら、きっと楽しいに違いない。

筆者は考える道具として15の考具を紹介している。ひとつとして、デスクの前に座ってパソコンに向かっているようなものはない(机がないと困るのは企画書作成くらいか?)。足をつかい、手をつかい、目・耳・鼻をつかい・・・五感をとことんつかいつくす、という感じである。手を動かすと脳が刺激され活性化されるというが、似たような仕組みなのだろうか。ともかく自分が世界を感じるあらゆる感覚を動員して、情報を仕入れ、アイデアを産み出す。非常に泥臭いけれども、逆にクラフトアートのような匂いを感じる。

何よりも大事なのは,とにかくアウトプットし続けること。ネタ元や情報を集め,引き出し,組み合わせることを,あなたの習慣にしてしまうことです。


自分が何かアイデアを話すと,聞いてくれた相手は賛成してくれたり,欠点や漏れている点を教えてくれたりします。場合によっては盛り上がってさらにアイデアが発展する,なんてことも。
 これが考具としてのもう一つの効果。世の中はGIve&Take。慣用句に使われている言葉の並び順は見落としてはいけないポイントです。最初に自分がGiveすると、いつか相手からTakeできる。いえ、自分がGiveしないと、相手からTakeできないんです。まず自分から情報を出さないと,帰ってこない。自分が口火を切らなかったら,相手から意見を引き出せません。

そして最後に筆者は,情報源としていろいろなものを挙げているが

「ウェブサイト」は、情報が混沌としており,信頼度についても怪しく、既存のマスメディアとは違う情報を提供してくれるサイトや海外情報などウェブ経由の方が手っ取り早いサイトはお薦め

と、評価は低い。

純粋に情報源としてのみ考えれば,無理のない評価だと思う。しかし、誰もが発信できるゆえの混沌はあれど、誰もが発信できる、つまり、アウトプットの場として、誰もが簡単なステップで手に入れることができるということは見逃せない。五感で集めた情報を、練り上げて,いや、練り上げる過程として、ブログなどは有用であろう。そして、アウトプットを兼ねた情報収集,いや,この場合はやりとり(私の好きな言葉)と言うべきか。そこに私は可能性を見出したい。

とりあえず、明日からこの中のひとつでも始めてみようか。生まれてきたばかりの雛のように、見よう見真似で。
#197
カテゴリ:003 小説・読み物・出版

trackback

<<【連想ゲーム】#2「象」といったら? | 加藤昌治『考具』>>

コメント(-4件)

Noriya:

こんにちは。ご丁寧にたくさんのコメントまで付けていただきありがとうございました。
FC2ブログにはいろんな方がいて楽しいですね。いろんな交流ができたらなあと思います。今後ともよろしくお願いいたします。
【追伸】

  • 2005年06月25日(土)19:47:16
  • URL
  • 編集
sugar:こちらこそ

宜しくお願いします(^^
おっちょこちょいの私,夢がいっこになっていました。
やっぱり夢は沢山の方がいいですね(^^;

  • 2005年06月25日(土)20:43:37
  • URL
  • 編集
taigo:あんまし考えない人なんですが

おもしろそうな本ですね。
常にアウトプットし続けることっていうくだりは個人サイトを運営する意義づけにもなりそうな気がします。
日々つらつらと考えることは多いのだけれど、そのままにしておくといつのまにか消えていってしまいます。
個人サイトというアウトプットの場があれば、たぶん形にならなかったであろう自分の考えがサイト上のテキストという形になり、新しく見えてくるものがあるかもしれません。
また、アップされたテキストに反応してくれる人がいるかもしれませんからね。まさにGIve&Take。

  • 2005年06月25日(土)21:06:31
  • URL
  • 編集
sugar:この本を面白がっていただけるのなら,

taigoさん、こんにちは。
この本を紹介していた
こどものもうそう
 http://blog.lv99.com/
この方法を実践している
IDEAL
 http://i-ideal.net
もご覧くださいな(^^
一般ぴーぽーがインターネット(www)という手段を得たことの
利点を活かしたいですね。

  • 2005年06月26日(日)00:21:05
  • URL
  • 編集
コメントの投稿

トラックバック(-0件)

http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/tb.php/197-79fd8867

Bookmarked

Blog Battler

ブログバトラー

Twitter

    フリーエリア

    上部の説明

    下部の説明

    Utilities

    Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。