プライベートモードで閲覧中です。

sugar pot : ひとつひとつを経験値に ~ネットで質問するとき回答するとき

ほろ苦い夢のかけらのおすそわけ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

trackback

ひとつひとつを経験値に ~ネットで質問するとき回答するとき

2005年06月20日(月) コメント:0 トラックバック:0

最近、偉そうな顔をしてサポートフォーラムで回答している。サポートフォーラムとは、FC2ブログの使い方について、システム側でなく、あくまでユーザ同士が自助的に質問・回答しあう場である。そんな場所であるから、私のような、ビギナーに毛が生えたものでも、回答ができるのである。

ここをご覧いただければすぐにお分かりいただけるが、私は決してhtmlやcssに詳しいわけではない。せっせと、サポートフォーラムやgoogleで検索して、ここかな?というところを探しては、自分のブログのカスタマイズに利用したり、サポートフォーラムでの回答に活かしたりしている(さすがに知ったかぶりはしないが、あやふやな説明ではいけないので、正確を期するために再度調べている)。

私もまだまだビギナーなので、「分からないところが分からない」「何を質問していいのかが分からない」「示されたページを見てもよく理解できない」という状況はよく分かる。
先日もjavascriptで、danielさんのStyle Keeperが動かないよぉ~と頭を悩ませていたが、自分で調べてもまったく手がかりが得られず、困り果てて、ここで声を上げたくらいだ。

調べる手がかりすらつかめない、ということがあるのだ。分かっていれば、難ないことが、ビギナーには大きなハードルだったりする。だからこそ、私程度で回答できる質問を見つけたら、返信をクリックし、なるべく手がかりがつかめる回答をするように心がけている。

直接の回答を示さないこともある。それは、質問者の方にももう少し調べていただきたいな、と思うときである。ここからは、けっして質問者の方を責めるわけではないことをご理解いただき、読んでいただきたい。

質問される方は、その状況にぴったりの正答「だけ」を示されて、そのままお使いになっていたのでは、次のカスタマイズしようとしたときに、その経験が果たして活きるだろうか?

ブログは、htmlやcssの知識のないひとでも、それなりに格好のついたスタイリッシュな簡易ホームページがつくれる便利なシステムであると私は理解している。ましてここFC2には、公式・共有あわせて800を超える(昨日の時点で799だった)テンプレートがある。何も無理をしてカスタマイズする必要はない(ブログペットなどを置きたいと思えば、若干手を入れることは必要になってくるが)。

そんな中で、カスタマイズしたい、という志をお持ちになったのであれば、どうせなら、ひとつひとつを経験値として積み上げていかれては、とこれまたお節介な私は思うのである。

そのような考えから、直接の回答を、何度もするのは避けた方が良いのではないかと私個人は感じている。参考になる箇所を示して、それを読んでいただいて、分かりづらいところがあれば、また質問していただければ良いのである。そのくらいの手間は厭わないし(なぜかはまた後日)、サポートフォーラムで回答しておられるほかの方々は、私より更に親切で忍耐強く(失礼)、とても丁寧に応対される方ばかりである。

頼りないし、僭越であるが(ほんと何様だ?と言われたら、ただのビギナー+αです、と答える)、とっかかりがつかめないビギナーの方々の道標になれば幸いと思っている。

そんなわけで素っ気ない回答をすることがあるかも知れないが、ご理解いただければ幸いである。そして、こう、付け加えたい。一緒に、カスタマイズ、楽しみましょ。

参考:質問の前に
ウェビンブログ:教える基準
#181
カテゴリ:101 インターネット(www)

trackback

<<【テンプレートフリークス】 ~目に留まったテンプレート | ひとつひとつを経験値に ~ネットで質問するとき回答するとき>>

コメント(-0件)

コメントの投稿

トラックバック(-0件)

http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/tb.php/181-d3793dd6

Bookmarked

Blog Battler

ブログバトラー

Twitter

    フリーエリア

    上部の説明

    下部の説明

    Utilities

    Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。