プライベートモードで閲覧中です。

sugar pot : 【老婆心シリーズ】子どもの写真をブログに掲載している方へ ~お節介者より

ほろ苦い夢のかけらのおすそわけ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#
カテゴリ:スポンサー広告

trackback

【老婆心シリーズ】子どもの写真をブログに掲載している方へ ~お節介者より

2005年06月19日(日) コメント:19 トラックバック:9

リンクからこの記事へ直接来られた方へ。よろしかったらこちらも読んでください。 子どものデータは親のものか?誰にでもできる、ステキなブログのつくりかた

テンプレートコンテストを機に、このブログに多くの方が訪れてくださるようになった。管理者ページの訪問履歴から、訪れてくださった方のブログを拝見させていただいたり、そこにあるリンクから更に別のブログを見たり、楽しませていただいている。

ただ、そこで気になることが・・・。


幼い子どものスナップ写真を載せておられる方が意外に多く、驚いている。まるでそのお宅の居間にお邪魔して、「うちの子大きくなったのよ、ほら見て」と、アルバムを拝見しているような気にさせられるものである。私は、よそのお宅のことながら、これが心配でたまらない。

基本的に、インターネット上で個人が識別できる情報を掲載するのは危険だと言われている。いつ犯罪に巻き込まれるか分からない、という性悪説に基づくもので、残念ながらそれは正しく、自己防衛の第一歩である。

子どものスナップ写真を載せておられる方々も、ご自身の顔写真をプロフィールに載せている方はいらっしゃらない。恥ずかしい、というのもあるのか、それとも、やはり、個人は特定されたくない、ということなのか。

なら、どうして子どもの写真を載せるのか?

「うちの子可愛いでしょ、ほら、この笑顔なんてサイコーでしょ?」というのは、誰にもある感情で、それを否定するものではない。カメラ会社はママカメラマンをターゲットにして手頃な一眼レフカメラを作り、子どもの写真コンテストは賑わっている。ギャラリーに子どもの表情をとらえた優れた作品がずらり、なんてのも、観たことはないが想像に難くない。

が、これがことインターネット上となると話は別だ。ギャラリーに一時的に展示されるのとは訳が違う。

今更ながら記すが、デジタルデータとしてインターネット上に、あるいは見ず知らずの他人のハードディスクに、いつまでも保存される可能性は否定できない。そして、保存されたデータは、悪意のある配布も、加工も、あり得る。

そんな状況下に、たいせつな自分の子どものデータを公開するのは、申し訳ないが、何も知らない、あるいは深慮が足りないとしか言いようがない。

たとえばそれが第三者の目に触れて、その後ろに写っている公園が近くで、○月○日生まれのAくんが、○月○日にBくんたちと遊びに行く、などと書いてあったりして、その第三者が悪意があった場合、どんな行動を取るだろう?近頃の犯罪には、理由なき不条理かつ凶悪なものが増えている。その可能性の中に敢えて我が子を置いているのだ。

また、プライバシーの問題でもある。インターネットに公開されたデータは、たとえ本人が削除したとしても、長い間キャッシュされる場合がある。子どもが難しい思春期にさしかかって、いや、少しものが分かる年齢になって、自分のデータをふと目にしたとしたら。「何で僕の顔写真がこんなところにあって、僕の失敗談が書いてあるんだよ?」ということになりはしないだろうか。

私はひねくれた子どもだったから、もし、今の時代に思春期で、母親がそういうことをしていたら、許さないだろうと思う。親でも、子どもの情報を勝手に(敢えてそう言う)公開して良いわけはない。

心配し過ぎだろうか?いや、そんなことはない。現在、学校や幼稚園など教育機関のホームページでは、子どものプライバシー保護・安全の観点から、子どもが特定できないよう、子どもの顔が識別できる画像は掲載しないというガイドラインを設けているところがほとんどだ。公共団体レベルで規定しているところもある。それくらい、子どもが危険にさらされやすい世の中であるということか。アメリカのように、牛乳パックに行方不明になった子どもの顔写真が載る日も近いのだろうか。

子どもの写っている写真は、心が和む。その表情には嘘いつわりがない。だからこそ、公開したくなる気持ちも理解できなくはないが、安全面と、子どもの心情面から、疑問を呈しておきたい。

もし、よく吟味した上での結論としてスナップ写真を載せたアルバムを作りたいのなら、2つの方法をお薦めしたい。

  1. FC2では非公開ができるのだから、認証性にして、身近なひとにURLを教える
  2. レタッチソフトで顔の部分をぼかす。デジタルで拡大しても顔が判別できない程度の大きさの画像をつかう。内容も、なるべく固有名詞は使わない。
  3. かわいらしい子どもの表情で目を楽しませてくれるブログにケチをつける気はない。ひとの運営に意義を申し立てるのはそれこそ「内政干渉」だと思う。が、敢えて、ここに記す。どなたかの目にとまり、本意が届きますことを。

    (最終更新日:2007年5月30日/HTMLタグ変更:2007年2月17日)

#175
カテゴリ:101 インターネット(www)

trackback

<<【インターネットと子ども】初等教育に、IT教育は必要か?(修正) | 【老婆心シリーズ】子どもの写真をブログに掲載している方へ ~お節介者より>>

コメント(-19件)

出人:

老婆心ながら申し上げるってやつですかね……(笑)
趣旨は同感です。

  • 2005年06月19日(日)20:16:09
  • URL
sugar:はい、

このオババは老婆心旺盛ですので(笑)。

  • 2005年06月19日(日)20:24:17
  • URL
  • 編集
Strahl/Reeper:私も同感ですm(__)m

sugerさん、注意のメッセージまで送っておられるなんて尊敬いたしますm(__)m
フィクションではありますが、こんなウェブサイトを見つけたので、是非「子供の写真や名前をネットに上げてもいい人」に見ていただきたいですm(__)m
ttp://garbage.web.infoseek.co.jp/pcp/honbun/blog/top_flameset_top.html

  • 2005年06月20日(月)08:35:02
  • URL
  • 編集
sugar:わ。

Strahl/Reeperさん、
ありがとうございます。
教えていただいたwebsite、拝見しました。
今身の毛がよだっています。
そのくらい、怖い。
ゆったりご覧になる時間のないひとは、
最後の娘のブログを見てほしい。
インターネット上で物を書くとはどういうことか、
家族とは何か、
いろいろ考えさせられました。
このことに関して改めて書きましたので、
あわせて読んでいただければ幸いです。

  • 2005年06月20日(月)08:48:21
  • URL
  • 編集
ラブラブラッキー:no_title

はじめまして。
私も子供の育児日記を書いているので、読んでいてとても恐ろしくなりました。実際、ブログを始める際写真を公開しようか悩んだんです。でも記念だし・・・と思って始めちゃったんです。でもこの記事を読ませていただいて公開はやめることにしました。載せても顔を消して載せようと思います。インターネットは便利ですが、恐いですね。

  • 2005年06月29日(水)13:13:12
  • URL
  • 編集
sugar:いらっしゃいませ。

ラブラブラッキーさん、気付いてくださったんですね。
皆さん、すんなりと写真を公開するというよりは、「あれ?まずいかな?」と一瞬立ち止まるものの、「でも記念になるし」というケースが多いようですね。
今回知ったのですが、「顔立ちがはっきりしてくる1歳まで」というような不文律めいたものもあったりするようで、ママパパブロガーさんたちの新たな常識みたいになっているのでしょうか。でも、一旦始めてしまうと、かわいいし,なかなかやめられませんよね,きっと。立ち止まっていただいたこと,感謝しています。ステキな育児ブログになりますように。

  • 2005年06月29日(水)15:57:48
  • URL
  • 編集
ayumama:無題

はじめまして。トラバさせていただきました。
育児ブログ…なんて育児日記をつけたいだけならわざわざWEB上で公開しなくてもいいはず…。
参考になりました。

  • 2005年07月13日(水)22:36:20
  • URL
sugar:ayumamaさん、

参考になりましたか。ayumamaさんのブログでリンクされていたマニ郎さんのブログ、警告するだけでなく有用な情報も集められていましたね。
http://www.mani-lo.com/blog/index.php?e=67#cmt105
また、遊びにいらしてください(^^

  • 2005年07月14日(木)03:05:11
  • URL
  • 編集
はちる:無題

こんにちは。改めまして、トラバさせていただきました。 私の記事には、新しい意見や情報は何もないので、一度はご遠慮申し上げましたが、sugarさんの記事によって気づいて、行動を改めた者もいるんだという一例になればと思います。メッセージありがとうございました!

  • 2005年08月04日(木)08:56:52
  • URL
  • 編集
sugar:こちらこそ

メッセージいただき嬉しかったです。
新しい方々が次々にネットでブログやウェブサイトを始める限り、この問題はなくなりません。ご紹介いただきありがとうございました。

  • 2005年08月04日(木)11:03:44
  • URL
  • 編集
anonymous:

>>レタッチソフトで顔の部分をぼかす。

申し訳ないがバカとしか言いようが無い。
そこまでして載せる必要はない。

載せないか、ある程度の危険を考えても乗せるかせいぜい小さい写真にとどめる程度だろう。

顔の部分をぼかした写真など、ある意味で虐待的に感じてしまう。

  • 2007年05月12日(土)16:20:52
  • URL
sugar:>顔の部分をぼかした写真など、ある意味で虐待的

おっしゃる通り、虐待的と感じる感覚はまともだと思います。バカと言われるのは「申し訳ないが」がつけられても嬉しくありませんが。

>そこまでして載せる必要はない
まさにそこですね。

ご指摘の部分は変更しました。

  • 2007年05月30日(水)23:28:23
  • URL
  • 編集
田舎住まい:見たのです。

はじめまして。
同じ街の方にいらっしゃるんですよ。偶然見つけたんですが。
娘さんが小学校に入ったのでやめたと思ったら、また載せていましたよ。
家が特定できるし、子供と一緒なので、書いた本人の顔もばれてるんです。
FC2は、パスワードが破られたことがあるので、ミクシィとかにすればいいのにって思います。誰が見つけるかわかりませんよね。

  • 2007年09月15日(土)16:48:02
  • URL
  • 編集
Z:「絶対安心」という言葉はWWWにはありません

to田舎住まいさん
>ミクシィとかにすればいいのにって思います。誰が見つけるかわかりませんよね。
 Mixiであっても同じことですよ。かえって気を許して個人が特定できるような情報をのせやすく、トラブルの元になります。

ちょっと探してみたらこんなページも。
http://kurashi.kaiketu2.com/500/ent463.html

  • 2007年09月15日(土)22:56:08
  • URL
  • 編集
sugar:「情報」というのは

自分の手元を話した時点から自分ではコントロールできない、ということですよね。
それはウェブ上であってもなくても、同じことなんですが。

  • 2007年09月16日(日)01:30:16
  • URL
  • 編集
Z:気軽に発信できる場が情報の拡散を促進している

 パソコン通信、Webオーサリングツール(と無料や低価格のレンタルサーバ)、そしてWeblog、SNS。気軽に発信できる場所が増えるほど、そしてその敷居が低くなればなるほど、情報コントロール権としてのプライバシーは個人では制御が不可能な状況になってきている感じがします(たとえ自分がWWWとは縁がなくても、自分を知っている他人が利用している限り、極論を言えばコントロールは不可能といえます)。これは技術でも法律でも現段階では解決は難しく、専門家の議論でも特効薬は処方されていないようです(人間の倫理次第と考えると永遠の課題といえるかも・・・昔から「人の口に戸は立てられない」っていいますよね)。

参考資料・Interdisciplinary Studies on Ethics and Design of Information Society(情報社会の倫理と設計についての学際的研究)プロジェクト:略称「ised@glocom」プロジェクト

http://www.glocom.jp/ised/index.html

 ところで、このコメントがついているエントリ自体は2年以上前のものですが、検索キーワード次第ではそういう古い文章が上位に来ることが割りとあります(あるいはそんな記事からリンクやトラックバックが張られていて辿ったりも)。もしかして田舎住まいさんもそんな経緯でこのエントリにコメントを書かれたのかもしれませんね(今年の5月にコメントされた匿名の方もそういう経緯があってのことかもしれません)。

  • 2007年09月17日(月)04:51:47
  • URL
  • 編集
sugar:人の口に…

そうですね、「人の口に戸は立てられない」のですが、ウェブという誰でも気軽に広範囲に発信できるツールが手にされた今、その「情報の拡散する範囲」が無限大に広がりつつあります。また、ウェブ「ログ」というように情報がログとしてウェブ上に残りますから、時間軸も従来とは異なりますね。「人の噂も75日」といかないこともあるわけです。

おっしゃるようにこの記事は2年前のものですが、アクセス解析を見ると、ほぼ毎日、どなたかの目に触れています。それは私の意図するところですので非常に好ましいです。いくつか書いたものを少し整理統合して、この記事自体も保守する必要があるかもしれないとは思っています。

  • 2007年09月17日(月)11:56:14
  • URL
  • 編集
Z:re:アクセス解析

>アクセス解析を見ると、ほぼ毎日、どなたかの目に触れています。
 済みません、その一人は私です(^^;。コメントへのコメントがついていないか、また、sugarさんの新記事がないかつい気になって読みに・・・(UAの履歴から日参することの方が最近多いのです)。

  • 2007年09月18日(火)23:51:41
  • URL
  • 編集
子育てブログ:NoTitle

通りすがりですが、

いや全くおっしゃるとおりです。

本当にネット社会の悪意は恐ろしいものですから・・・。

いい人も本当に多いのだけれど。。。

  • 2008年09月25日(木)22:50:59
  • URL
  • 編集
コメントの投稿

トラックバック(-9件)

http://bittersweetdreams.blog9.fc2.com/tb.php/175-3ec62e96

【老婆心シリーズ】子どもの写真をブログに掲載している方へ #2

昨日の記事に、Strahl/Reeperさんからコメントをいただいた。その中でご紹介いただいた身の毛もよだつwebsiteをご紹介する。時期的にもホラーでちょうどいいかもしれない、というのは冗談だが、私は、この近未来のブログとそれをめぐる家族を描いたフィクションに、言いよう

  • 2005年06月20日(月)17:42:48
  • from sugar pot
blogの行く年来る年

sugarさんの所で見つけました。http://garbage.web.infoseek.co.jp/pcp/honbun/blog/top_flameset_top.html10億アクセススゴス。というか誰も親のブログに娘の内容をコメントしないのか。なんていう愚問は置いといて最近の仮面家庭が描かれているような気がします。

  • 2005年06月20日(月)18:44:15
  • from FC2::Developer'sBlog
子供のいる生活(未体験)

 Sugar氏のブログで子供の写真をブログに掲載することに対する意見を述べた記事を拝読した。 知人が以前、Sugar氏の意見と大体同趣旨の事柄を述べ「大きくなったら顔が変わるからイイと思ってるのかねぇ……」と苦笑いをしていたことを思い出した。 さくらももこの妊娠か

  • 2005年06月20日(月)23:48:16
  • from 中毒者のうわごと
自分が誰に育てられたか思い出してみようか

 親の心子知らず、親馬鹿、親はなくとも子は育つ。 これだけ並べると切なくなってきますな。 sugar pot 【老婆心シリーズ】子どもの写真をブログに掲載している方へ ~お節介者より 自分の子供の写真をブログやサイトに載せているのを見ると嫌悪感。 可愛い、よく撮れ

  • 2005年06月21日(火)00:19:53
  • from Pielog
5月のある夜、家族との会話

「ねえ、ブログやってるとコメントもらったりして、その人のブログを見たり他のブログも見たりするじゃない?それで気付いたんだけど、子供の写真載せてる育児日記みたいなのってけっこう多いんだよね」「そうなんじゃない?子どもがいるとネタにしやすいし」「だけどさ、い

  • 2005年07月01日(金)21:31:36
  • from 『生き方指南』は真っ平御免だ!
子供の写真を載せる事・2

昨日の続き。『【老婆心シリーズ】子どもの写真をブログに掲載している方へ ~お節介者よりsugar potさん』こちらも参考になりました。『これは とある かぞくが のこした blog で ある。 いまや にちじょう に ねざした ネット かつどう の さいたるもの で

  • 2005年07月13日(水)22:33:14
  • from 姫との生活。
[子どものデータは親のものか?]

 ちょっと見つけたシリーズ(全てsugar potより)。?[【老婆心シリーズ】子どもの写真をブログに掲載している方へ ~お節介者より]?[【老婆心シリーズ】子どもの写真をブログに掲載している方へ #2]?[子どものデータは親のものか?] どちらの記事も、子供の写真や

  • 2005年07月18日(月)05:52:52
  • from Je vous aime oiseaux!
子どもの情報守らなきゃ!

私、少し前まで、横のPROFILE欄の画像に、子どもの写真貼ってました。でも、いそいではずしました。それはsugarさんのコチラの記事を読んだからです。お子さんの写真を貼ってらっしゃる、他の方にも知っていただきたくて、この記事を書きます。私も、安易な気持ちで写真を載

  • 2005年08月04日(木)08:49:08
  • from 育児日記 ナナメマエウエ
ブラック

たまには、少しマジメな話。最近ようやく、いろんなブログを見に行くようになった。他人のブログ運営に 口を挟むつもりはないけど、どぉ~しても気になるのが、子供の写真を掲

  • 2006年06月02日(金)12:23:45
  • from 売る・捨てる・使い切る

Bookmarked

Blog Battler

ブログバトラー

Twitter

    フリーエリア

    上部の説明

    下部の説明

    Utilities

    Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。